本体上部にあけた穴がよっぽど気に入らなかったのか、再度Case-Mate ID Case iPhone 3G / 3GSにピンバイスで穴を開けることにしました。

やっぱりネックストラップで運用する場合、私のリール付ストラップでは、穴の位置が上だととても使いにくかったです。

で、今回はICカードを挿入できるスロットの下のほうに穴を開けることにしました。

Drill a Hole in iPhone Case Drill a Hole in iPhone Case
Drill a Hole in iPhone Case Drill a Hole in iPhone Case

カードスロットには元々スペースがあるので、ここならケースと干渉することはありません(二枚入れたら干渉するかも)。ロゴの真ん中に穴が開いてしまっているのは気にスンナ。

というかID caseの構造上、上でも下でもカードスロットに穴を開けるのがベターですよね。何も考えずに本体上部に開けてしまったのはちょっと反省。

これで、普段の使い勝手は元に戻りました。素直にエザンスのストラップアダプタを復活させとけよ、というツッコミは無しの方向で。

Case-Mate iPhone 3G / 3GS ID Case with Screen Protector, Matte Green アイ・ディ ケース (液晶保護シート・本体保護シート つき) マット・グリーン IPH3GID-GRN
Case-Mate
売り上げランキング: 9478
おすすめ度の平均: 5.0

5 長かったiPhone用ケース探しの旅の終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください