リコー、“ユニット交換式”デジタルカメラ「GXR」 – デジカメWatch
リコーは、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」および対応ユニット2製品を12月上旬に発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はGXRが5万円前後、単焦点レンズ付きユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 Macro」が7万円前後、ズームレンズ付きユニット「RICOH LENS S10 24-70mm F2.5-4.4 VC」が3万円前後の見込み。

今日は、以前から噂のあったリコーの新しいカメラも発表されました。

レンズ交換式ならぬ、ユニット交換式ときましたか、なんとも珍妙な(爆)。

うーん、これ売れるんですかねぇ。ユニット側にレンズも画像素子も画像処理エンジンも依存するということは、ユニット買う≒別のカメラを買うということですよね。敢えて交換式にするメリットがあるのでしょうか?

記事中に、

また、ユニットの交換が簡単に行なえることから、レンズ交換を行なうよりも操作性が高まるという。さらに、撮像素子が露出しない構造のため、レンズ交換式デジタルカメラに比べてゴミの浸入が防げるとしている。

とありますが、確かに理屈ではそうなんですが、GRD で埃の混入が散々問題になってるだけにちょっと説得力無いですねぇ。

まあ、この筐体サイズで APS-C に相当するサイズの画像素子を搭載したカメラを発表したことは素直に評価したいと思います。幅はGX200より2mm程長いだけですしね。

A12 :113.9mm(幅)×70.2mm(高さ)×77.1mm(奥行き)約423g
S10 :113.9mm(幅)×70.2mm(高さ)×44.4mm(奥行き)約325g
GX200:111.6mm(幅)×58.0mm(高さ)×25.0mm(奥行き)約208g
GRD3 :108.6mm(幅)×59.8mm(高さ)×25.5mm(奥行き)約188g

28mmではなく50mmなのが物議を醸すかもしれませんが、マニュアルフォーカスリングも付いてますし、GXR と GR LENS A12 50mm の組み合わせは結構売れるんじゃないでしょうか。

やっぱりユニット交換式という方式に疑問は残りますが、ここはリコーの新たなる挑戦を温かく見守りたいと思います。私は買わないですけどね(爆)。
むしろこれで GRD3 が値崩れしたりしたらそっちを狙うかも。

2 thoughts on “画期的なカメラか、それとも色物か?”

  1. 銀座のリコーではしっかりと「GRDは2になって改良して、ホコリが入らないように作られてます」って臆面も無く言いましたからね。じゃあ今のコレはなんなんだと。ホコリ混入で持っていったGRDを手にして思いました。

    ですからきっとGXRもホコリ入りますよ。(笑) そして清掃出来ないから丸ごと交換。目に浮かぶようです。(笑)

  2. いっとくさんは二回も痛い目に遭ってますからね(^^;。

    この辺は無条件に信じるわけにはいきませんよね。

    マイクロフォーサーズ機との大きさ比較とかはまだ見てないのですが、マイクロフォーサーズより大きい APS-C 採用で筐体が小さい(多分)ならリコーは頑張ってると思います。DP2よりも小さいですよね(多分)。

    ユニットによってレンズから画像素子から処理エンジンまで自由に組み合わせられるという発想は面白いと思いますが、商業ベースにうまく乗るのでしょうか。今後に注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください