※草野仁氏はWWEの大ファンでHBKのファンで、「ヒトシ・ボッシュート・クサノ」という名もWWEファンの草野氏に敬意を表して付けられた愛称であるとの指摘を受けましたので、ここに記しておきます。以降の文章は自戒の念を込めて修正いたしませんので、これを読まれた方は誤解無きようお願いします。また既にこの文章を読まれた方で不快に思われた方には謹んでお詫び申し上げます。

土曜日に日本テレビ系列で「レッスル・コロシアム ザ芸能界!最強の格闘王者グランプリMAX」という番組が放映されました。芸能界最強と名高い(初耳ですが)草野仁をはじめ、芸能人がアマレストーナメントを行い、最強を決める番組らしいです。番宣CMを見た段階で「しょ~もない番組やるなぁ」と思っていたのですが、草野仁が来ているTシャツにどうも見覚えがありました。そして草野仁のエントランスビデオに”HBK”の文字が!そうです、あのTシャツはHBKのTシャツでした。

ここでHBKの説明をしましょう。HBKとは「ハート・ブレイク・キッド」の略でWWEの伝説のスーパースター、ショーン・マイケルズのことです。HBKは、当時WCWとの視聴率争いに苦戦していたWWFの巻き返しの立役者の一人です。あまり好きな場面ではないのですが、プロレスのリング上であのマイク・タイソンに殴られたのはHBKです。HBKはWWEで私の一番好なスーパースターなのですが、残念ながら私は彼の試合をまともに見たことがありません。私がWWFを見始めた頃、既にHBKは腰の故障でセミリタイア状態でした。その後、再起不能と言われていた彼が奇跡の復帰を遂げるのですが(この辺りWWEにも色々な事情があったようです)、残念ながら私が見られない方の番組に復帰しました。現地時間の三日、レッスルマニアでHBKは私が見られる方の番組のスーパースターと越境対決をしますが、それを機に番組を移らないかと密かに願ってます。

閑話休題。ということで、番宣でHBKの文字を見た私はこの番組をビデオに撮ることにしました。何故草野仁がHBKを名乗るのか?実は草野仁自信がHBKの大ファンで彼の奇跡の復帰に感動して還暦を超えた自分も戦う決意をしたとかそういう話が聞けるかもしれないと思ったからです。

で、ビデオを見てみましたが結果は最悪でした。入場テーマ曲までHBKの”Sexy Boy”を使い、ポーズも真似していました。しかし、サイドストーリーらしきものは一切無し。何の説明も無しに唐突にHBKと紹介されます。そして、HBKの略。これが本当に最悪。
H = ヒトシ
B = ボッシュート
K = クサノ
ふざけるのもいい加減にしろ、って感じです。

“HBK”という言葉を使い、入場テーマ曲を使うくらいですから番組スタッフはHBKのことを知っているのでしょう。しかし、如何に日本公演が大盛況とはいえ、一般視聴者で”HBK”という言葉を知っている人はそう多くないでしょう。そもそも実況のアナウンサー、そして草野仁はちゃんとHBKの元ネタを知っていたのでしょうか?そんな中途半端なパロディのためにHBKの名前が使われたのに憤りを感じました。これは邪推ですが、番組スタッフがHBKのファンで、どうしても”HBK”の名前を使いたかったから無理矢理あの変な略にこじつけたのではないでしょうか。もちろん、説明が無かっただけで草野仁自身がHBKのファンだった可能性もあります。
番組自体も最初に感じた予感通り「しょ~もない」ものでした。お願いですからシリーズ化しないでもらいたいです。

5 thoughts on “HBKってなによ”

  1. >HBKはWWEで私の一番好なスーパースターなのですが、
    >残念ながら私は彼の試合をまともに見たことがありません。

    ハァ?
    試合見たことない大好きなスーパースターって何よ?
    好きだって言うならせめてDVDくらい見ろヴォケ。

  2. 上の二方は言葉がちょっとあれですが、ほぼ同意です。
    なんていうか、否定意見を出すならまずそれについて調べないと。

  3. 上記のとおりHBK(ヒトシボッシュートクサノ)はネット発の愛称で芸能人WWEファンの鏡としてリスペクトされているからこその愛称なのです。
    番組自体の感想は人それぞれですがネット(しかもブログ)をやってる人間である以上少しは他のブログなども見たりしてはどうでしょうか?
    無知なだけの叩きはそれこそ「しょーもな」ですよ?

  4. このエントリの件につきましては、私の認識不足、調査不足、見識不足が招いたことであり、不快に思われた方にはお詫び申し上げますm(__)m。

    普段コメントの少ないブログですので、正直、四つもコメントが連なっているのを見たときは何事かと思いました(^^;。表現方法はともかく、四名の方はWWEとそのファンを心から愛されていて、それを悪し様に貶した無知な私に対する叱咤として素直に受け止めたいと思います。このような僻地までお越しいただき、相応の労力を使ってご指摘頂いたことを感謝いたします。

    草野氏の件については、番組中にそのことについて少しでも説明して欲しかった、というのが私の言いたかったことなのですが、必要以上に貶める文章になってしまったことは反省しています。

    ネットに文章を公開することの難しさを改めて認識しました。四名の方には改めて感謝いたします。

  5. 馬鹿かお前は。
    草野仁は大のWWEファンでショーン・マイケルズのファンだぞ?
    ロックを始めとするスーパースターとも対談してる。
    WWEの公演にはHBKTシャツ着て息子と見に行ってるほどのWWE好きだぞ?
    お前の勘違いでこの記事を見た人が間違った認識を持つということが一番腹立たしい。
    草野仁がWWEファンなことぐらい、本人の名前を検索すれば出てくること。
    そんなことも怠って何偉そうなコメント残してんだボケが。
    J-SPORTの草野仁のコメント載せておいてやるから100回読んで100回詫びろこのドアホ。
    >バティスタは今後どこまで伸びていくのか?
    >そんな雰囲気が出てきました。最近ではマイクパフォーマンスも見せ、技も以前よりも広がりつつある気がします。
    >また、私のように高齢の者から見ると、ショーン・マイケルズがピークを超えた今もかんばっている姿にはシンパシーを感じます。

    はてなダイアリー 草野仁

現在コメントは受け付けていません。