原題:
57.”TONIGHT, TONIGHT” (Part 2)

放映日:
1988/10/24

ダイジェスト
Conclusion. ALF hosts “The Tonight Show”.

あらすじ
前回の続き。ジョニー・カーソンから電話がかかってきても、どこ吹く風でアルフはビデオを流し続けます。さらに生コマーシャルのコーナーにも乱入します。
そんな中リッチ・リトルがいきなり登場。ジョニー・カーソンに電話でアルフに代わって司会をするよう頼まれたのです。しかしアルフはそれでもビデオを流し続けます。
そしていよいよ番組終了の時間。リハサール通りの拍手で一応好評のうちに終了、と思いきやメインゲストのヨハネ・パウロ二世をまだ呼んでいませんでした。結局法王様はラスト三十秒での登場、こうしてアルフのトゥナイトショーはバタバタのうちに終了しました。

雑感
総集編の続き。トゥナイトショーの出演者は大体本物らしいですね。今回登場したリッチ・リトルも本人役です。
ヨハネ・パウロ二世は偽者でしょうけど(笑)。でもずっと法王様を敬ってきた割には、エンディングでジョニー・カーソンの苦情の電話をエドが法王様に回そうとしたり、結構ぞんざいな扱いでした。

今回の名言
「こんなのトラブルじゃないって。まだまだ甘いね。」[アルフ](本番中にジョニー・カーソンから電話がかかってきた事態に)
「諦めなって。俺ほど受けないんだから。」[アルフ](ジョニー・カーソンの来週のネタをパクった言い訳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください