今日帰宅途中に、珍しい警官同士の事故を目撃しました。なにやってんだか。

私が横断歩道で信号待ちしてたら、スクーターとカブみたいなバイクに乗った警官が二台連ねてやってきました。

すると突然前のスクーターが止まって、後ろのバイクが追突。バイクはつんのめって、運転してた警官は放り出されてました。

とりあえず、バイクを押して道路脇に寄せる警官二人。追突した方の警官の方がもう一人の警官の体を気遣ってましたが、はたから見てると放り出されたあんたの方が心配だぞ。

追突した弱みか上下関係か後続の警官が恐縮してましたが、どう考えてもいきなり止まった先行の警官が悪いように見えます。

右折とかじゃなく普通に直進でしたし、対向車も歩行者も居ませんでした。確かに信号は変わりかけでしたが、停止線はゆうに越えてもう道路を渡りきろうかという時点でブレーキかけても余計に危険だと思います。後続の警官はまさかあそこで先行の警官がブレーキをかけるとは思ってなかったでしょうね。

警官としての使命感が信号無視をやめさせたんでしょうか。
でも、そのおかげで被害甚大ですから。

カテゴリー: MISC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください