乗り遅れてしまいましたが、新 VAIO type U のフラッシュメモリ版が発表されました。

ソニー、16GBフラッシュメモリ採用の「VAIO type U」<ゼロスピンドル>モデル

「ゼロスピンドル」というのはなかなかそそられるネーミングです。
# 買いません(買えません)けどね(汗)

しかし、思ったより高くなりましたねー。HD モデルと比べると六万円強のアップですか。
ワンセグチューナ自体はそんなに高くないと思うのですが、フラッシュ化によるコストアップがどれくらいか分からないのでひょっとしたら妥当な線なのかもしれません。

ワンセグはあればあったで便利かもしれませんが、基本的には要りません。
もし、私がワンセグを見たいと思ったら NDS用のワンセグチューナを買うと思います。
多分現状ではそれが一番コンパクトかつ安価な構成でしょう。

どこかで書きましたが今回の VAIO type U は個人的には微妙な製品だと思います。
ガジェット好きの方でも今回はスルーされてるケースが結構見受けられました。
過去の例からこの手のモバイルパソコンはどれも期待ハズレで終わるケースが多いような気がしますし。

私の環境に合わないかもしれませんが、どのシチュエーションでも「帯に短し襷に長し」のような印象を受けます。
現物を触ったこともありますが、確かに小さいのですが、常時持ち歩いて苦にならないかというと疑問符がつきます。

まあカテゴリとしては存在しておいて欲しいのでよりブラッシュアップされた後継機種が登場することを祈っています。
あとはソニー以外のメーカーもこういった「キワモノ」を作って欲しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください