原題:
37.”HAIL TO THE CHIEF”

放映日:
1987/12/07

ダイジェスト
Kate dreams that she and ALF are rival presidential candidates.
(Commentator John McLaughlin makes an appearance)

あらすじ
その日は大統領候補者のテレビ討論会の日でした。政治への関心が強いケイトは家族に討論会を見るよう勧めます。アルフには地球人の政治は複雑に見えるので色々な茶々を入れます。アルフに政治の難しさを教えるケイト。すると候補者の一人が今ケイトが言ったことと全く同じことを言いました。アルフに「大統領になれば?」と言われてまんざらでもない様子のケイト。
その夜、テレビ討論会の影響で夢を見るケイト。もちろんアルフが出てきます(^^;。最初は対立候補、続いて司会者、そしてイメージコンサルタント。遂に大統領になったアルフが夢に登場します。夢とアルフのおかげで寝不足のケイトでしたが「あんた達の政治って仕組みが複雑過ぎるんじゃかって気付いたんだ。まずそこから解決しなきゃいけないんじゃない」というアルフの言葉には共感を覚えるのでした。

雑感
政治風刺にしてはインパクトが弱く何が言いたいかよく分からない回(爆)。見所はケイトがシガニー・ウィーバーのコスプレ(?)をしたシガニー・ケイトでしょうか(^^;。あと寝不足でアルフに膝枕されて眠るケイトも可愛かったです。
アルフ大統領は住宅問題、失業問題、冷戦問題を一週間で解決した構成を称えられ、ラッシュモア山のリンカーンの隣に肖像が刻まれることになりました(笑)

今回の名言
「仲の悪い国のボスを呼んで、お互いにキスさせんだよ」[アルフ](アルフ流戦争の止め方)
「みんなで勝手に複雑にしてんのよ。ホントは単純な問題なのよ」[アルフ](アルフ大統領の政治に対する見解)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください