今回発売されるSL-C1000は、上位機種「SL-C3000」が搭載する4GBのHDDの代わりに128MBのFlash ROMを搭載したモデルで、その他の基本スペックはSL-C3000と同等。

最近、SL-C7xxのザウルスがちょっと欲しいのですが、今回のSL-C1000は外形寸法がSL-C3000と同じなのが気になります。ハードディスクで無くなったのならもう少し薄くコンパクトにしないと訴求力が弱いような……。値段的には買い安くなってので、歓迎する人も多いかな。新しいユーザ層が開拓されると良いのですけど。

でも、ザウルスを買おうと思うような人ならSL-C3000を買うと思うなぁ。

カテゴリー: PDA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください