諦めかけていた(というか諦めていた)sakuramilk さん作の SC-O2C用のGingerbread向けカスタムカーネルの新作が公開されていました。

Nightly build : 20120521 です。20120301版以来約2ヶ月半振りのリリースです。金環日蝕の日に嬉しいサプライズ。起動画面にも日蝕の画像が使われていて粋な演出です。

焼いてみて最初に気付いたのが、今まで使っていたガバナ、SmartassV2が無くなっていた点。
代わりに、BrazilianWax や Intellidemand といったよく知らない(汗)ガバナが増えています。SmartassV2の代わりはBrazilianWaxで良いんでしょうか? 特徴がよく判らないので、今は sakuractive にしています。

で、その大分後に気付いたのですが、周波数の下限が200MHzなんですね。これはちょっと残念。

あと、TweakGS2の通知設定で、V1.5.8ではグレーになっていた、BLN関係の設定が選べるようになっています。しかし、これは私のやり方が悪いのか、うまく機能しませんでした。ICSでないと機能しないのかもしれません。

そして、個人的に最大の懸案事項だった、Titanium Backup の一括処理が途中で転けずに最後まで終了しました。このカーネルの出自はよくわかりませんが、更新履歴を見る限り、20120301版の進化形というよりは ICS向けカーネルのGB版という感じもします。まあ、Titanium Backup が動くようになったのは嬉しいです。

このままクロック周波数を追加してもらえたりすると非常に嬉しいのですが、そこまではなかなか手が回らないかな。

そんな中、今日はソフトウェアアップデートの提供が開始されました。ICSリリースの前にアップデートがあるとは思ってませんでした。KL4からLE1になったみたいです。

さてさて、GB向けカーネルの明日はどっちだ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください