RICOH CX3

リコー、裏面照射型CMOSセンサー搭載の「CX3」 – デジカメWatch
リコーは、裏面照射型CMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「CX3」を2月19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万円台半ばの見込み。カラーバリエーションはすみれ、ブラック、ツートン(ライトグレー×ピンク)。

ペンタックス、富士フイルムに続いて、リコーからも猫の顔認識AFを搭載したデジカメが発表されました。

かねてから注目していた裏面照射型CMOSセンサー搭載だし、望遠端300mmだし、コンパクトはリコーユーザだし、私にとってはこれが本命になるかな。

裏面照射型CMOSはサイバーショットのWX1を狙っていたのですが、CXシリーズの三代目だしこれが良いかも(デジカメは三代目が名機となる、というのはかねてからの私の持論)。

初期のお値段が少し高めですが、すぐ下がるでしょう、リコーだし(爆)。

【送料無料】ペンタックス Optio I-10 クラシックブラック

・【送料無料】FUJIFILM/富士フイルム FinePix Z700EXR

・【送料無料】広角24mmの明るい「Gレンズ」搭載!SONY/ソニー Cybershot DSC-WX1

6 thoughts on “猫の顔検出カメラはこれが本命?”

  1. 早速の反応ありがとうございます(笑)。

    昨日の発表時点ではFinePixに惹かれてましたが(我が家ではF10が現役)、今はもう消えました(爆)。

    でも、モノとしてはOptioの方がどちらかといえば欲しいんですけどね。

    裏面照射CMOS、高倍率ズームに、猫の顔検出とくればCX3を選ばない理由が無い。まあ、秋の運動会シーズンが狙い目かな。

  2. そうですね、猫写にはやっぱり高倍率ズームは助かりますしね。
    Optioはやっぱり登録しないとダメというのがネックですし。形は良いんですけどね。

    私もOptioかFinePixかCXかと聞かれたら、CXを選ぶかもしれません。が、もうリコーは懲り懲りなんで…。(笑) となるとFinePixかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください