pocketgames さんで VAIO type P と sigmarion3 の比較写真が掲載されています。

これはなんというか、目の毒というか、ともかくインパクトのある写真ですね。

うー、やっぱり欲しいな~。というか現物一回見たいなぁ。
土日で見に行ってみましょうか。でも近所の家電量販店に展示機あるかなぁ。

4 thoughts on “インパクトのある写真”

  1. お、触ってきたら感想聞かせてください〜。
    どこかのブログで「思ったより遅かった」って書いてあって、第一印象が遅いんじゃ、長くは使えないよなぁと、私は勝手に諦めているのですが、その辺どうかなぁ〜?と。

  2. 見てきました。CPUがATOMなので過度な期待はできません。
    EeePC でも何かの拍子に非常に遅くなるときがあります。

    もし買うならソニースタイルでCPUは最高グレードにするつもりです。

    あとOSがVistaなのも「もっさり感」の要因だと思います。XPが入れられればこのスペックなら問題ないと思うのですが。あとはLinuxとか。

    多分多少無理すれば Mac OS X も入ると思います。実用になるかどうかは不明ですが(^^;

  3. そーですか。
    CPUが選べるんですね。となると当然高額になっていきますよね。
    う〜ん、UMPC並みの価格から外れるならますますいらないかなぁ。(^_^;
    それにしてもVistaってホントに重いんですね。XP万歳ってところですか。

  4. type P はソニースタイルで素の状態で 79,800円。
    この時点で一般的な netbook としてもやや高めです。

    私のオーダーメイドだと 12万円弱……。

    やっぱり買えませんわな。

    Vista はかつての Me みたいな立場なんですかね。
    Windows 7 への乗り換え需要を喚起するためにわざと出来の悪い状態でリリースしたとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください