WordPress で投稿時に異常に時間がかかってしまう現象について、真犯人が明らかになりました。

私の予想していた Popularity Contest 犯人説は半分当たりで半分ハズレでした。

私はサイトマップ作成用プラグイン Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress を使っているのですが、このプラグインは Popularity Contest と連携することができます。優先順位を設定する際に Popularity Contest の人気度を使うように設定できるのです。

ここの設定で「Popularity Contest を使う」にしていると投稿が遅くなるようです。Google Sitemaps Generator は投稿の度にサイトマップを作り直しますしね。

思えば検証用ブログでテストしたときも移行直後もここの設定はいじってませんでした。昨日ここの設定を変えて投稿したところ、移行前のように遅くなりました。
不思議なのは移行前の状態で、プラグインを全てオフにしても投稿が遅かったことですね。状況からすると「気のせい」という結論になるのかな。

ということで、大騒ぎして検証用ブログ作って移行作業まで行いましたが、結論としてはラジオボタンをひとつ変えてやれば済む話でした…… orz。

良いんです、良いんです。WordPress 2.5 でクリーンインストールできましたし、色々勉強になりましからっ。良いんです、良いんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください