作画や声優の演技のという面では及第点以上の出来だったと思います。

ただ、ヤッターマンというフォーマットをリメイクした意義というのがあまり感じられない。

当時、アニメがメディアのコンテンツとして未熟で、見ている視聴者も未熟だった状況で通用したことを、そのまま三十年後に持ち込んでもちょっとお寒いように感じられました。

それでも当時のアニメには未熟さをぶっ飛ばす「勢い」があったと思うのですが、今回のリメイク版はオープニングに代表されるように「勢い」が感じられません。仕上がりは大人しい優等生タイプな感じです。

結論としてはリメイクの仕方が中途半端、ということになるのでしょうか。

三十年前の人気アニメをリメイクするのは非常に難しいと思います。オリジナルと変えすぎて批判され、そのままでも批判されるでしょう。
それを敢えてやろうとするのですから、スタッフはそれなり意気込みと情熱を注いでるのだと思います。

ただ、極個人的な感想では、今回のリメイクは「オリジナルのイメージを極力崩さないように無難にまとめた結果、かえってオリジナルらしさが失われた」という気がします。

とりあえず、第二話は見ます。しかし三話は見ない可能性が高いです。

今晩から関西で「墓場鬼太郎」が放映されます。こちらは厳密にはリメイクではないですが、ヤッターマンと対比で注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください