本日より、ヤッターマンのリメイク版(?)の放映が始まりました。

物は試しなのでとりあえず録画。現段階ではオープニングしか見てません。

で、その感想は……

「ダメだこりゃ」

ですね。残念ながら。

そもそも、世良正則と野村義男って旧作ファンにもニューカマーにも訴求力無いと思うのですが。

旧作ファンを取り込むなら、山本正之で何の問題も無いでしょう。

新しいファン層を開拓するなら、実写とのタイアップで嵐を起用するくらい思い切っても良かったのでは。
# これはこれで旧作ファンから総スカンを喰らいそうですが。

そういう意味では、アイドルや今時のアーティストを使わずに、世良正則と野村義男を起用したということで、少しは期待していたのですが、見事に裏切られました。

このオープニングを作った人達は、音楽もアニメーションも会心の出来だ、と思って世に送り出したんでしょうね。

しかし、私の心には響きませんでした。私の心に響かなかっただけかもしれません。

でも、あの唄い方はダメでしょう、多分山本正之ファンの大半はそう思っているはずです。

本編はそこそこ頑張ってるらしいのでちょっと期待していますが、二話以降も見るかどうかはヒジョーにビミョーなところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください