リコー、4コマ/秒連写のCMOS搭載モデル「CX1」

リコーは、フル解像度で4コマ/秒の連写性能などを実現したコンパクトデジタルカメラ「CX1」を3月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万円台後半の見込み。

価格下落中の GX200 の後継機が出るのか?、と思いきや R10 の後継機でしたね。

GXとCXじゃなんかややこしいですが、銀塩からのリコーファンはRシリーズが二代で消えてしまうのは寂しいのではないでしょうか。

しかし、この CX1、高速連写と広いダイナミックレンジというこの春のトレンドを取り入れた、なかなか意欲作であるように思います。敢えて CMOSセンサーを採用し、画素数も下げてきました。昨今の「画素数至上主義」に一石を投じるカメラになる、と良いなぁ。

価格も下げてくれると良かったんですけどね(爆)。
新製品だから単純比較はできませんが、予想実勢価格は今のR10の最安価格の約二倍でGX200の平均価格より高いです(^^;。

こりゃ単なる R10 の後継機じゃないなぁ。自分がリコーオーナーになったからというわけではないですが、こういうカメラは売れて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください