連載は既に終わっていたのですが、今日「涅槃姫みどろ」の最終巻が発売されました。

終盤は初期の頃のパワーに翳りが見られましたが、それでも何本かは面白い話がありました。
色々な意味で、現在の漫画界に異彩を放つ作品だったと思います。

残念なのは、私が「涅槃姫みどろ」を定期的に読もうと最終的に決断した作品「人面瘡」が収録されていない事です。
どうやら欠番になってしまったようですが、そんなにまずい表現があったかな?

「涅槃姫みどろ」は終わってしまいましたが、今出てる週刊誌ではチャンピオンの漫画を一番沢山立ち読み(汗)してます。

同じく今日発売だった「私は加護女」も買いました。
これは高橋葉介が原作を書いてるので作家買いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください