ITmediaニュース:Intelも脱クロック偏重――AMDに続き「モデルナンバー」導入へ

AMDに続き、Intelもプロセッサにモデルナンバー制を導入する計画だ。クロック偏重が和らげば、Pentium Mよりクロックスピードの速いPentium 4を選ぶコンシューマーの傾向も変わるかもしれない。

記事の細かい内容はよく分かりませんが(爆)、納得いったことが一つあります。

それは、Pentium M と Pentium 4 の性能差についてです。

記事にもある通り、この二つの CPU にはかなりクロックの差があります。でも、職場で両方のパソコンを触った体感スピードだと、そんなに変わらないのです。むしろ、Pentium M の方が速いと感じる局面もあります。

SHINO の日記にもありますが、現在ノートパソコンを選定しています。基本的に Centrino 搭載の Pentium M 機を中心に考えているのですが、Pentium 4 が気になっていたのも事実でした。

しかし、今回の記事を見て Pentium M にすることに決めました。やっぱり Pentium M の体感スピードを信じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください