既に色々な所で紹介され、話題になっていた、オークションに出品された個人情報のお話です。
# この出品は漏洩した個人情報のリストを売るという話ではありません。念のため。

今回の出品は、ソフトバンクが情報が漏洩した会員に対して、今回の不始末のお詫びとして 500 円の金券を送ったことに端を発するらしい。最重要であるはずの個人情報を漏らしておいて 500 円でお茶を濁すのか? なら個人情報の値段をみんなに判断してもらうと、ソフトバンクへの抗議も込めて個人情報のオークションへの出品となりました。

下記のリンクを見てもらえば分かりますが、この出品は実際に個人情報を売るのが目的ではなくソフトバンクへの抗議と個人情報の重要性を再認識させるのが目的で、出品者は代金をもらうつもりはないと明記しています。

なかなか粋な抗議方法ということで各所で話題になり、マスコミにも取り上げられました。その結果、入札価格は高騰し最後には三兆円になっています。私がこれを知ったのはたまたま締め切り日の今日でしたが、あまりにも白熱しすぎたため、途中終了となってしまいました。

Yahoo!オークションでは個人情報売買の禁止が明確に謳われており、今回の出品も抗議に対する妨害とかではなく、オークション規約に反するから、と堂々と削除することができたはずです。なのにそれをしなかったのは、Yahoo!側の敗北だと私は思います。

さて、個人情報の漏洩についてですが、漏洩させる側も提供する側も少し鈍感になっているのではないかと思います。今回のニュースが流れても人ごとだと思っている人は多いでしょう。かく言う私も SHINO からはよく「迂闊だ」と指摘されます。

これだけインターネットが普及した時代、ネットワーク上での個人情報について、業者側には最大限の注意を払って欲しいですし、我々も自衛が必要だと思いました。

実際のオークション

出品者のブログ「公開日誌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください