画像がコラでなければ、本日発表かどうかは別にして発売されるのは確実みたいな感じですね。

最初から企画されていたのか、D50への対抗なのか、私にはよく分かりませんが、受けた印象は「中途半端」です。何だか*ist Dシリーズのセールスポイントをスポイルしてしまってる感じがします。飽くまで気がするだけです(^^;。それなりの低価格で出してくるんだと思いますがどんな結果になるでしょうか。

以前ペンタックスの鳥越氏のインタビュー
「ペンタックスの基本スタンスは“売れる製品を企画する”ことではなく、“写真を撮影するユーザーにとって良いものを”というもの」
という発言がありました。

このスタンスが守られていて*ist DLが沢山売れて、写真を撮ることが楽しく思えるユーザが増えることを祈っております。

※追記:正式に発表されました
ペンタックス、実売8万円前後のデジタル一眼レフ「*ist DL」

「中途半端」という私の第一印象は誤りかも(^^;。ともかくデジタル一眼レフの裾野が拡がれば良いなと思います。ただ、価格競争激化の火種になってペンタックスが体力負けするのはあまり見たくないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください