ソフトバンク、2010年冬~2011年春モデルを発表 – ケータイ Watch

ソフトバンクモバイルは、2010年冬~2011年春にかけて発売する新機種を発表した。従来の携帯電話に加え、Android搭載スマートフォンが大幅に拡充されている。

今回発表された新機種のうち、スマートフォンは3D液晶搭載の「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」、エントリーモデルの「Libero 003Z」、女性ユーザーをターゲットにした「004HW」で、発表済みの「HTC Desire HD 001HW」も冬モデルの1つに位置づけられる。

さらに、Android 2.2を搭載する5インチタブレット、米Dell製の「Dell Streak(デル ストリーク)」も12月に発売される。

本日、ソフトバンクの2010年冬モデルの発表会が行われました。

iPhoneを擁するソフトバンクはAndroidには本腰を入れないのか、と思ってましたが、なんのなんの、既報のDesire HDも加えて合計6機種のAndroid端末が発表されました。

かってMilestoneを狙ってた身としては、やっぱりGALAPAGOS 005SHが一番気になりますね。実際問題、IS01を持ってるとスライドキーボードはどうかな?と思うのですが、普段使いならIS01よりもフットワークが軽いのは間違いないでしょう。そして、最終的にはほとんどスライドしなくなるんですね(爆)。一つ気になったのはカーソルキーの位置。あれは普通逆じゃないですか?何かのハード制約上の問題かな?

あとはLibero 003Zですか。このクラスの廉価版、というか入門機は結構売れると思うんですけどね。まず土俵にも載せてもらえない可能性もあるかな。

その他、全機種発売時点からキャリアメールに対応してるのが、auと違っていて印象的でした。

来週はdocomoの発表会があるので、Galaxy 以外にどんなのを引っ張ってくるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください