auから“1台目”のスマートフォン、Android搭載の「IS03」 – ケータイ Watch

KDDI、沖縄セルラーは、おサイフケータイやワンセグに対応し、“1台目”の携帯電話として利用できる機能を搭載したAndroidスマートフォン「IS03」を発表した。11月下旬以降に発売される。

「IS03」は、Android 2.1に対応したシャープ製のスマートフォン。国内の一般的な携帯電話で採用されてきた、おサイフケータイやワンセグといった機能がスマートフォンでも利用できる。

噂どおりに、本日、au のシャープ製Android端末 IS03 が発表されました。

おサイフケータイやワンセグ搭載等、今までスマートフォンに興味がありながら「ガラケー」的機能が無いばかりに二の足を踏んでいたユーザ層にはある程度訴求するスペックになっていると思います。個人的には最初からAndroidOS2.1なのが羨ましい。

auは出し惜しみせずに、この機種をIS01として発売しておけば良かったのでは?と思わなくもないです。

さて、確かに魅力的なスペックのIS03ですが、個人的には食指は動きません。1台目として使えるスペックだけどメイン回線をauにするつもりはないとか、IS01とIS02を契約したばかりとか、このスペックなら新規0円にはならないだろうとか、IS03デビュー割は無いの?とか色々な理由がありますが、一番大きな理由は、

フルタッチタイプのデバイスならiPhoneで十分、というものです。

まだ発売されてもいない機種に対して評価を下すのは早計の誹りを免れないでしょうけど、フルタッチの土俵で勝負した場合、IS03はiPhoneに敵わない、と私は思います。それは私がiPhoneに慣れているとか、おサイフケータイにそれほど魅力を感じないとか個人的な理由も大きいですが、やっぱり、フルタッチのインターフェイスやアプリやコンテンツの展開を見ても、現時点のAndroid陣営はiPhone陣営に及ばないと思うのです。言葉は悪くなるかもしれませんが「劣化コピー」という感じでしょうか。

ですので、個人的にはIS03よりiPhone4の方が欲しいです。iPhone4は種々の事情で買えないので、来年発表されるであろうiPhone5に期待しています。

そんな中にあって、IS01に激しく惹かれたのはクラムシェル型のフルキーボード搭載機だからです。今少しずつ使っていますが、ハッキリ言ってなかなか慣れません。それでもこのサイズのクラムシェル型のフルキーボード搭載スマートフォンは世界的に見ても例が無く(流行らないし売れないのかもしれませんが)それだけで存在意義があると思います。

だから前半で「auは出し惜しみせずに、この機種をIS01として発売しておけば良かったのでは?」と書きましたが、実際にはこのクラムシェル型のフルキーボード搭載機のIS01を出してくれたau、というかシャープには感謝しています。

使いこなせるかどうかは私次第ですけど(爆)。やっぱり、iPhone一本に戻ってしまう可能性は低くないです。

とりあえず、10月18日にも何がしかの発表があるそうなので、IS03登場の恩恵として、IS01のメジャーバージョンアップが発表されることを期待しています。

One thought on “au、IS03を発表”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください