ソフトバンク、携帯やiPhone向け「Wi-Fiバリュープラン」発表 – ケータイ Watch
ソフトバンクモバイルは、無線LANサービス「ケータイWi-Fi」対応端末とiPhone向けに、端末本体価格が割り引きされる定額パケットオプション「Wi-Fiバリュープラン」「Wi-Fiバリュープラン(i)」を2月1日から提供する。
「Wi-Fiバリュープラン」は、ケータイWi-Fi対応機種向けのパケット定額オプション。パケット定額料金(月額4410円)と「ケータイWi-Fi」の利用料(月額490円)のセットで、対応端末の本体価格を最大4800円分割り引くパケット料金プラン。

今月末で期限が切れるiPhone for everybodyキャンペーン、もう延長しないのかな~、いやきっとするだろう、と思っていたら、WiFiバリュープランですか。

iPhoneの場合、パケット定額料金(4,410円)の上限とケータイWi-Fiの利用料(490円)を足した金額が、キャンペーンが適用されていない状態の「パケット定額フル」の上限(5,985円)と比べると1,080円お得。ただし2010年12月31日迄に契約すると、ケータイWi-Fiの利用料が0円になるので結局キャンペーン適用の場合と同じく1,570円お得になる。加えてWiFiも使えるので、かなりお得、という解釈で良いのかな?キャンペーンの期限切れが近いから慌てて買った人に怒られないかい?
===追記===
パケット代が二段階定額じゃなくて完全定額なのね。パケット代をギリギリまで節約したい人は土日で契約しとけ!ってことですね。
===追記===

iPhone以外の普通のケータイの場合「パケットし放題」でフルブラウザ等を使うとパケット代の上限が5,985円になるのも変わらず。相変わらずiPhone優遇の施策のようです。これって3G回線じゃなくWiFiでフルブラウザつかってもやっぱり上限が上がるのでしょうか?(WiFiの付いたケータイを使ったことが無いのでよく分からん) もう早いところ全て機種、全ての接続方法でパケット代の上限を4,410円にしてしまえよ、と言いたくなります。

端末代の割引についてはややこしくてよく分かりませんが、iPhone for everybodyキャンペーン終了後もiPhone 3GSの16GBモデルは実質0円で買えるようです。

加入は新規、買い増しのタイミングでないと出来ないようなので、今の所私には無関係。でも今年中に契約すればケータイWi-Fiの利用料が0円になるので今年中には新規に回線を契約すべきなのかも。

とりあえずWiFiバリュープラン自体には期限が無いようなので、様子を見ましょう。WiFiの使えるエリアとかもよく分かってないし。

2 thoughts on “iPhone for everybodyキャンペーンが終わったら”

  1. iPhoneユーザーの旦那が「TokyoFMアプリ」を自慢するので、
    つい5th iPodnanoを衝動買いしてしまいました(笑)
    4th nanoを買って1年も経ってないので かなり悩んだんですけど、
    普段FMラジオを聞いている私には超便利!でした。
    ちなみに、我が家の携帯歴は私がDN01→SH08→V501SH→824SH
    旦那がSH08→V501SH→iPhone3G。
    旦那は早く機種変更(新しいiPhoneに)したいらしいです。
    Appleは一年ごとに新製品が出るので購買衝動を抑えるのが大変です(-_-ι)
    次のnanoが出たらまた欲しくなるんだろうなぁ。
     
    ひさびさにフェリシアのスットボケたコメントが見られてうれしかったです。

  2. V501SHをお持ちだったんですね。実は私たちも夫婦でV501SHを持ってました。私がW-ZERO3買っちゃったので四ヶ月程でしたけど(爆)。

    > Appleは一年ごとに新製品が出るので購買衝動を抑えるのが大変です(-_-ι)

    確かに。加えてキャンペーンだと二年縛りですしね。私は3G→3GSで違約金を払ってるので3GS→新機種では我慢する予定(飽く迄予定)。

    > ひさびさにフェリシアのスットボケたコメントが見られてうれしかったです。

    久しぶりのせいか今回のコメントはスパム扱いされていました(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください