車下猫

会社周辺で撮影

昨日、森野さんに「最近の masatsu file は面白くない。『今日の猫』もルーチンワークと化している」と言われました。

元々「今日の猫」は「質より量」の精神で、毎日アップし続けることに最大の価値を見出そうとしています。だからルーチンワークと化してしまっても問題ないのですが、モチベーションが下がっているのも事実です。

「今日の猫」は三年を経過してしまいましたが「辞めるタイミングを失ったかな」という思いも少しはあります。

三年経過を一つの契機に初心に返ってみようと思います。

機種,DMC-FZ2
作成ソフト,Ver1.05
日時,2004:09:03 12:39:33
露出時間(秒),1/80
F値,2.8
露出プログラム,プログラムAE
ISO感度,50
撮影日時,2004-09-03 12:39:33
デジタル化日時,2004:09:03 12:39:33
シャッタースピード(秒),1/80
絞り(AV),3.00
露出補正(EV),0.00
最小F値,2.8
測光方式,分割測光
光源,日光
フラッシュ,使用せず / 常時オフ
焦点距離(mm),38.20

3 thoughts on “車下猫”

  1. こんにちは、森田です。ルーチンワークですか(^^; 一番難しいのが淡々と状況を見るというのができないのですよね。つい、良く見せようとか、なにかコンセプトを伝えようとか、人間はつい余計なことを考えてしまいます。我々も常にあがいています。(^^;そのような中で自然体で見たまま、ありのままを伝えているHPというのも少ないですよね。写真も巧く見せようというより、ねこの表情がありのままでているのは凄いと思います。それが結局は巧い写真だと思うのですけどね。(^^; このコーナーの猫と同じ視線がとても好きです。仕事の思考を離れたところにある素晴らしい頁だと思っています。ルーチンという切り口はコンピュータの思考で十分ですね。(^^; また、コンピュータの凄い知識と、このようなデジタルで表せない何かを伝える頁が同居しているのも作者の幅広さを感じますよ。森野さんの励ましを、幅広い心で昇華していただいて、こころのままの写真が続くことを期待しています。がんばって!!

  2. 追いつめられた中でなんとかひねり出そうと苦しむときに、一番いいものができるのだと、わしはそう思ってま。

  3. bibi さん、perce-neige さんコメントありがとうございます。

    bibi さんの仰るように、私は良く見せようとはあまり考えていません。でも単に続けるてだけという状況に疑問を持ち始めた頃に森野さんの一言があったので正直「痛い所を突かれたな」という感じでした。

    初心に返るとか書いておきながらやることは変わらないのです。ようは気の持ちよう、モチベーションの問題ですね。

    とりあえずすぐに辞めたりはしません。日常の継続のなかにあちょっと違った切り口を入れられればと思っています。

    これからも応援よろしくお願いします(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください