プロレスリング・ノアの三沢光晴選手が亡くなった。

今日起きてから見たRSSリーダーには三沢関係の記事が一杯。驚いて声も出ない。

昨日本屋で神尾葉子の「まつりスペシャル」の帯に三沢が載ってるのを見てSHINOとそのことで話したばかりでした。

「受身の天才」「ゾンビ」と評された三沢がリング上で技を受けて亡くなった。
バックドロップと聞いて対戦相手は森嶋かと思ったら齋藤彰俊だった。

実際に技を受けた映像は見てないけどそんなに酷い落とし方だったのだろうか。
歴戦のダメージが蓄積していたのだろうか。

何回か書いてますが、日本のプロレスは最近あまり見てません。ノアになってからの三沢の試合もほとんど見てない。最後に見たのは去年のサモアジョー戦か。

でも、だからこそ私の中で三沢光晴は当に「最強レスラー」の一人でした。

選手として、経営者としてプロレス界に大きな影響を与えた人物でした。

心からご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください