前々から欲しかった高倍率ズーム機ですが、遂に買ってしまいました。

最終候補は次の三機種でした。

●KONIKA MINOLTA DiMAGE Z2
400万画素 光学10倍ズーム デジタル3倍ズーム
最初から欲しかった機種です。しかも20日までに買えばキャッシュバック付き。あらゆる面で動作が素早いのが私好み。相場は5万円弱。

●Panasonic DMC-FZ2
200万画素 光学12倍ズーム デジタル3倍ズーム 手振れ補正付き
12倍ズームで、全域F2.8のライカレンズが最大の魅力。200万画素は微妙。L版までの印刷やWebでの公開だけなら十分と思いながら引っかかる。相場は3万円台半ば。

●KONIKA MINOLTA DiMAGE Z1
300万画素 光学10倍ズーム デジタル3倍ズーム
Z2 の前の機種。エンブレムが MINOLTA。一世代前の機種なので、Z2 と比べると見劣りする部分もあるが、基本性能に問題はない。画素も300万で十分。Amazon で3万円で売られる等、お買い得感が高い。

この三機種から最終的に選んだのは……

Panasonic DMC-FZ2 でした。

今回は私が毎日通勤で使うというよりも、普段は家に置いておいてここぞとうときで使う、もしくは家族の誰かが使う、という使い方を想定しました。そうなると私以外の家族が屋内で使う機会が増えると考えられ、明るいレンズと手振れ補正が使い易いかなと思い決めました。購入前のデザインだけ家族に見せたら FZ2 より Z1/Z2 の方が人気という意外な結果になりました。FZ2 は花形フードが奇抜に見えたようです。

結局オープンしたばかりのヤマダ電機で買いましたが、価格交渉は思ったよりも融通が利きませんでした。最終的にはポイントで誤魔化された感じ。他で安い店もあったのですが、たまたま在庫が切れていたので、ヤマダにしてしまいました。

さて、ようやく手に入れた高倍率ズーム機。とりあえず使ってみたいと思います。同じ Panasonic の FZ10 と比べるとかなりコンパクトなのでひょっとしたら通勤のお供にできるかもしれません。

2 thoughts on “高倍率ズームの世界へ”

  1. 買っちゃいましたね。全域F2.8はさすがに魅力で、価格が三万ちょっとなら自分も欲しいと思ってしまいます。写真のサンプルを見てみても、遠近にも自然さが感じられるし、色合いも柔らかくぎらぎらしていないのが好感触です。デジタルという感じがあまりせず、発色としてはコニカっぽい? いや、あんましわかりません。
     松下じゃなければ僕も買いそうな逸品です。対抗してDiMAGE Z1といいたいところですが、あのデザインはあんまり好きじゃないんですよね。ちょっとすぐには買いそうにありません。

  2. やはり perce-neige さんには Caplio GX をオススメしたい。

    定価 75,000 円ですが、実売価格 52,500 円前後という噂です。さらにリコー製品なので(?)値崩れも早そうなので、秋くらいにどうです?

    FZ2 はできるだけ色々な物をとって、今までとは違う写真が撮れればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください