携帯利用を重視した小型PCラインアップはVAIO type Uに進化。携帯利用ではついにキーボードを廃止してタッチパネル操作を採用した。

ソニーも満を持して(?)夏モデルのパソコンを発表しました。

LOOX の対抗馬と目された type TR の変更内容がショボかったので一安心(爆)。

型名を一新して type XX という形の表記になっています。type S や type K、type E 等新しいラインナップも出ましたが、一番の注目は WindowsXP 搭載パソコンで世界最小となる type U でしょう。

VAIO type U

キーボードを廃してタッチパネルを採用、縦横のローテーションも可能で寝そべって使うにはもってこいかもしれません。

しかし、せっかくタッチパネルを採用しながら Windows XP Tablet PC Edition に対応していないのが解せません。また、画面解像度が 800×600 というのも厳しいですね。筐体をコンパクトにすることで部屋のどこでも手軽に Web ブラウズできるというのが売りの一つだと思うのですが、だからこそ解像度は最低でも 1024X768 は必要だった思います。今 1024×600 のマシンを使っていて思いますが、縦が 768 無いとちゃんと表示されないサイトは結構あります。このサイズだと 1024×768 では表示が小さすぎるという判断なんでしょうけどね。

ガジェット好きは買うかもしれませんが、一般にはあまり売れないパソコンだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください