まだ見てない方もいらっしゃると思うので一応隠します。

優勝はセーム・シュルトでした。前人未到の三連覇達成、おめでとう。

今日の試合を見ていると「絶対王者」という程の圧倒的な強さは感じられませんでしたが、それでも優勝するのは本当の実力があるということでしょうか。

準優勝のピーター・アーツは残念でした。準々決勝を見たときは、もし決勝まで残れば優勝するんじゃないかと思いました。準決勝の第一ラウンド終了までも同様。その後攻めきれず、途中から足を引きずるような仕草がチラチラ見られましたが、決勝入場もそんな感じでしたね。やはり一日三試合の過酷なトーナメントは再考の余地があるような気もします。

さて、私の予想ですが、準々決勝は三勝一敗でしたが、優勝と予想していたバダ・ハリが早々に消えてしまいショボン。シュルトの決勝進出は予想通りでしたが、反対のブロックは惨敗ですね。特にアーツを応援し切れなかったのが悔やまれます。

また来年がんばって予想します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください