株式会社リコーは、28mm F2.4の単焦点レンズを搭載した高級コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」を10月下旬に発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は8万円前後の見込み。

デジカメWatchに記事が掲載されました。先のエントリの情報通りですね。

発売当初の店頭価格は79,800円くらいになりそうですか。正直このCCDでは「高い」という印象です。

でも随所にリコーのこだわりが見えるので、所有欲をかきたてるカメラには仕上がっていると思います。個人的には好感を持ってます。とりあえずデジタル版GRを名乗るについては及第点だと思います。

しかし、ヒットするかどうかはかなり微妙ですね~(^^;。間違いなく Caplio R3の方が一般的にはウケが良いでしょう。

で、最大のポイントは画質です。CCDはそれなりですが、レンズと画像エンジンにはかなり力を注いでるはずです。でなきゃこの値段にならないでしょう。このカメラが、ただ高いだけの木偶の坊になるか、名機と呼ばれる存在になるかは、発表会やサイトで公開されるであろうサンプル画像にかかっています。

サンプル画像を見ていない段階での私の感想は「このカメラは所有してみたい」です。ただし、値段が高くて手が出ませんけどね(爆)。

ということで、サンプルの発表が楽しみです。

追記
画像いくつかサンプル見ました。悪くはないのですが、価格を考えると少し物足りないかも。デジタル版GRが今後どんな展開を見せるのか不明ですが、この機種が投売り状態になれば買っても良いかも(^^;。

One thought on “情報は本物でしたね”

  1. ピンバック: いっとくの戯言書庫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください