masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

‘K-1’ のタグが付いた投稿

K-1GP 2007 決勝結果

まだ見てない方もいらっしゃると思うので一応隠します。

続きを読む

AdSense のリンクユニット

「ジャー」のエントリでも書きましたが、Google AdSense のリンクユニットはなかなか面白キーワードを拾いますね。

今現在は、昨日のガンダムのエントリに影響を受けてると思います。

その前まではプロ野球関係のリンクが並んでましたが、これは「古葉監督」のせいでしょう。

プラスティック分別の後は、ゴミ関連のリンクが並んでました。

不可解なのが、K-1 予想のページ。何故か PRIDE 関係のリンクが並んでいます。

普段はやっぱり写真関係のリンクが多いのですが、猫写真に混じってカエル写真とかメイド写真が現れることがあります。
カエル写真は最初謎でしたが、アフィリエイト関係のリンクからでした。

K-1 決勝予想

K-1ワールドGP決勝トーナメントの組合せが発表されました。

昨日の開幕戦の結果を全て的中させた勢いに乗って決勝も予想してみましょう。

◎準々決勝

○ジェロム・レ・バンナ vs チェ・ホンマン×
昨日の試合を見ると対照的な両者。ホンマンがどこまでコンディションを整えられるかが鍵です。

○セーム・シュルト vs グラウベ・フェイトーザ×
こちらも対照的な試合でした。順当に行けば問題なくシュルト

○バダ・ハリ vs レミー・ボンヤスキー×
幻のヘビー級タイトルマッチですね。勢いと個人的贔屓でバダ・ハリ。ボンヤスキーには全盛期のキレがないですね。

○ピーター・アーツ vs 澤屋敷純一×
アーツが敢えて澤屋敷を選んだのはベスト8ファイターの中では一番やり易いと判断したからでしょう。澤屋敷の戦術はアーツには通用しないと思います。

◎準決勝
×ジェロム・レ・バンナ vs セーム・シュルト○
バンナがどこまでシュルトの懐に入りこめるかですが、総合力ではシュルトが一枚上か。

○バダ・ハリ vs ピーター・アーツ×
どちらも好きな選手でどちらかといえばアーツが好きなのですが、今年はバダ・ハリ。それだけの勢いはあると思います。

◎決勝
×セーム・シュルト vs バダ・ハリ○
うーん、これこそ贔屓か。普通にワンマッチでこのカードが実現すればシュルトが勝つでしょう。でもトーナメントですし、シュルトの三連覇は無いと思うのでバダ・ハリ。

ということで、優勝予想は前回と変わらずバダ・ハリ。結果は如何に

あ、当たった

先日予想した、K-1ワールドGP決勝トーナメント開幕戦の結果ですが、私にしては珍しく全部当たってましたね。

バンナの相手が変わりましたが、まあ許容範囲でしょう。元々、私の予想は”順当”な方を勝ちに挙げた無難な予想でしたから、ある意味当たって当然と言えるかもしれません。

それより、ホンマン vs モーでは、ちょっと疑惑のレフリングがあった上に、実況までホンマンを応援するので、途中から、自分の予想が外れても良いからモーに勝って欲しいと思いながら見てました。

一応前回予想したベスト8以降の予想カードとその結果も載せておきます。

×セーム・シュルト vs 澤屋敷純一○
○ジェロム・レ・バンナ vs レミー・ボンヤスキー×
○チェ・ホンマン vs グラウベ・フェイトーザ×
×ピーター・アーツ vs バダ・ハリ○

○ジェロム・レ・バンナ vs 澤屋敷純一×
×チェ・ホンマン vs vs バダ・ハリ○

×ジェロム・レ・バンナ vs バダ・ハリ○

近日中にベスト8のカードも決まるでしょうから、また予想します。

世界一早い?K-1GP決勝予想

昨日、K-1ワールドGP決勝トーナメント開幕戦のカードが発表されましたので結果予想をしてみましょう。

○ピーター・アーツ vs レイ・セフォー×
○ジェロム・レ・バンナ vs ルスラン・カラエフ×
×藤本祐介 vs 澤屋敷純一○
○レミー・ボンヤスキー vs ステファン“ブリッツ”レコ×
○セーム・シュルト vs ポール・スロウィンスキー×
○グラウベ・フェイトーザ vs ハリッド“ディ・ファウスト”×
○バダ・ハリ vs ダグ・ヴィニー×
○チェ・ホンマン vs マイティ・モー×

相変わらず贔屓と願望が含まれてますが、この段階では順当な結果が多くなるのではないでしょうか。

続いて、もはや予想というより妄想ですが、上記の結果を踏まえて対戦カードも含めた決勝予想。

×セーム・シュルト vs 澤屋敷純一○
○ジェロム・レ・バンナ vs レミー・ボンヤスキー×
○チェ・ホンマン vs グラウベ・フェイトーザ×
×ピーター・アーツ vs バダ・ハリ○

○ジェロム・レ・バンナ vs 澤屋敷純一×
×チェ・ホンマン vs vs バダ・ハリ○

×ジェロム・レ・バンナ vs バダ・ハリ○

澤屋敷がバンナ戦同様シュルトを徹底的に研究し、作戦を立て、奇跡の大金星をもぎ取るも、バンナとのリベンジマッチに敗退。
優勝は勢いに乗って駆け抜けたバダ・ハリ。いずれにせよ、シュルトの三連覇は無いと思います。

とりあえずベスト16戦ですね。終わったらまた妄想、予想します。

年始格闘技戦争

完敗・曙も大みそか視聴率合戦では快勝

 TBS系「Dynamite!!」の曙vsサップ戦=写真=は瞬間最高で43.0%(午後11時2分)の視聴率を獲得した。この戦いが続いた11時0分台から3分台の4分間はTBSが紅白を上回る結果となり、低迷傾向とはいえ数字的には他を寄せ付けなかった紅白史上にとっては、“屈辱の4分間”といえそうだ。

年末の三大格闘技イベントでの TBS の勝利は予想通りですね。実際私もビデオに撮って見たのは Dynamaite!! でした。曙 vs サップという超目玉カードに加えて、三年間やってきた実績も大きいでしょう。いきなり出てきた他局に負けるのも悲惨ですしね。曙はあの腹はもう少し何とかした方が良いでしょうね(^^;。無効試合となったイグナショフ vs 中邑ですが、K-1 側としてはイグナショフを性急に売り出したかったのでしょうが、ミルコのようにはいかなかったようです。不可解なレフリングの部分を放送ではカットした TBS もなかなかあざとい(爆)。

猪木ボンバイエを獲得した日テレの敗北は可哀想というか自業自得というか。ミルコのドタキャンも含め、ヒョードルやノゲイラの出場問題でバタバタしたのが響いたのでしょう。自作自演の話題作りに見えなくも無かったですが、完全に逆効果でしたね。日テレは以前にも小川とガファリが戦ったレジェンドで失敗してますから格闘技イベントと縁がないのかも。猪木ボンバイエの放映権は三年間ということなので、頑張って下さい>日テレ
ジョシュ・バーネットとシュルトの試合はちゃんと見たかったです。

PRIDE は個人的には意外と面白かったと思います。カード的な派手さは少ないものの、その分安心してみていられるカードでした。恐らく試合全体のレベルは PRIDE が一番高かったのではないでしょうか。あと高田延彦統轄本部長のキャラも私は好きです。橋本、小川、ゴールドバーグを巻き込んで乱闘したり、良くも悪くもプロレスらしさい胡散臭さ出ていました。

1月4日の新日本プロレスとハッスル1もあって格闘技ファンとしては楽しめた年末年始でした。

ちなみに、私が Dynamaite!! とともにビデオにとった大晦日の番組は「ビートたけしの世界はこうしてダマされた!?」です(爆)。この番組も大晦日の定番となりつつあります。

Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク