NTTドコモは、W-CDMAおよびGSM/GPRS方式対応のモトローラ製FOMA端末「M1000」を開発した。ボーナス商戦期に発売される予定。

既にPDA系サイトでは話題ですが、こちらでも遅ればせながら。
正直な所、最初発表を聞いたときは特に何も思わなかったのですが、記事を読んでると欲しくなってきました(^^;。

M1000

お値段はそれなりにしそうですが、私にはオーバースペック気味です。私が携帯電話に求めることは全てこなしてくれそうですし、備えていて邪魔になる機能も無いのですがお値段とのかねあいですよね。液晶画面でダイアルするのは面白いと思うのですが、電話機として使い勝手はどうでしょう? PDAとして使うにはハードキーが少なそうなのがちょっと不安かな。

でもこういう電話は出ること自体は大歓迎です。かつてキーボード付PDA型のFOMAが出ましたが、後続の製品はありませんでした。今回もM1000単発で終わらず、進化型を継続して出していってもらいたいです。

しかしこの電話、PDAに興味のない人が見たらどう思うんでしょうね?

・関連リンク
まるでPDAみたいな携帯「M1000」、何ができて、何ができないのか

One thought on “M1000は期待の星か徒花か”

  1. ピンバック: 徒然鴎-つれづれかもめ-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください