PENTAX MX-1

PENTAX MX-1についてつらつらと。

Optio 750Zを買った時のエントリでは大層なタイトルを付けてますが、今の私は「PENTAX PEOPLE」を名乗るのもおこがましいような状況です。先日はみんぽすさんにレンズをお借りしたので*ist DSで久し振りに撮影しましたが、今はよっぽどでない限りデジタル一眼レフは持ち出しません。

それでもやっぱり私がペンタックスのファンであることには変わりはないようです。

PENTAX MX-1

ペンタックスのファンと言っても私はデジタルからのファンなので、元祖PENTAX MXに思い入れがあるわけではありません(私が持ってるのはPENTAX ME)。でも、Optio 750Z 以降、高級コンパクトのカテゴリのラインが途絶えていたペンタックスから、MX-1が発売されると知った時には心躍ったものです。

ただ、コンパクトデジタルカメラとしては超ヘビー級になってしまうのが懸念点ではありました。ハッキリ言ってペンタックスから出ていなければ買わなかったカメラでしょう(爆)。順当に行けばSONY のRX100フジのXF1を選んでいたと思います。

PENTAX MX-1

PowerShot S95と比べると超ヘビー級ぶりが際立ちますね。今までみたいに気軽にポケットに突っ込んで撮影、というわけには行かないようです。

PENTAX MX-1

厚さについてはシグマのDPシリーズ並でしょうか。ここまで筐体を厚くするなら、もう少し大きめの撮像素子を積んで欲しかったところです。その場合値段も上がってこんなに早くは手に入れられなかったかもしれませんが。

PENTAX MX-1

リコーに吸収された影響なのか「PENTAX」という文字が目立たない気がします。オートレンズキャップを着けてしまうと、液晶モニタの下にひっそりと書かれているだけになっちゃいます。

PENTAX MX-1

両吊りのストラップは評判が悪いので、価格.comのレビューの真似をして、ニコンの三角環を着けて片方に結んでいます。

今日試し撮りに出かけましたが、筐体の大きさにはまだ慣れないものの、ホールド性や操作感は悪くありません。MX-2やMX-3が出るのかどうか判りませんが、MX-1の次に買う機種はMX-5、になるくらい長く使っていければ思います。それくらい使えば真鍮の地肌が出てくるかな?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください