デバイス名のお話。

iPAQ h1920 以降、PDA やスマートフォンのデバイス名には猫の名前を付けるのが慣例になってます。

歴代 PPC/WM デバイスの名前は以下の通りです。

iPAQ h1920:”Siamese_cat”(シャム猫)
私にとって初めての PocketPC デバイス。これ以前は PPC にあんまり良いイメージがありませんでした。銀色「っぽい」猫ということと、ニフティ時代のハンドル「シャムウェイ」に引っ掛けて命名。

・iPAQ h4350:”Mayailurus”(イリオモテヤマネコ)
私にとって初めての前面QWERTYキーボード搭載デバイス。資金調達に手放したのが悔やまれました。筐体が大きいので少し大きめの猫をイメージしてイリオモテヤマネコに。古い学名を採用したのは「あずまんが大王」の影響による。愛称は「マヤー」。

・W-ZERO3:”Mighty_Cat”
私にとって初めてのスマートフォン。Mighty Cat は Apple PowrBook 2400c/240 のコードネームで、W-ZERO3 を横から見ると PowerBook 2400c によく似てる事から命名。ちなみに私が所有していた PowrBook 2400c は Mighty Cat ではなく Comet の方。
現在、W-ZERO3は二代目のシャンパンゴールドを保有してますが、こちらには特にデバイス名を付けていません。

・W-ZERO3 [es]:”Artemis”(アルテミス)
私にとって初めてのデュアルキーボード搭載デバイス。アルテミスはギリシア神話の月の女神ですが「白猫でアルテミス」といえば思い当たる方もいらっしゃるでしょう。美少女戦士セーラームーンでセーラービーナスこと愛野美奈子をサポートする白猫がアルテミスです。W-ZERO [es] の白を買うと決めたときに最初に浮かんだのがこの名前だったのですが、イマイチかな~、と思いつつ他に思い浮かばなかったのそのまま採用。

・X01HT (HTC Hermes):”LUNA”(ルナ)
私にとって初めての HTC 製デバイス。ルナはやはり、美少女戦士セーラームーンでセーラームーンこと月野うさぎをサポートする黒猫の名前です。白の W-ZERO3 [es] のデバイス名がアルテミスだったので、黒の X01HT のデバイス名はルナで良いだろう、と安直な理由で決めました。

その後入手した、705NK、912SH は Bluetooth の設定でデバイス名を入力できますが、そこは機種名のままでした。

E63 も Bluetooth の設定でデバイス名を入力できるのでそこに名前を入れました。

E63 のデバイス名は Robby。愛称は「ロビくん」です。

この名前は travelica さん内のネコニッキの主役、ロシアンブルーのロビくんからいただきました。

私が買った E63 はウルトラマリンブルー。青い猫といえばロシアンブルー。ロシアンブルーといえばロビくんということで、実はかなり早い段階で決めていました。

masatsu file に猫目当てでお越しの方が、このエントリをご覧になることは無いかもしれませんが、猫好き方にはこのネコニッキ、お勧めです。ロビくんの日常の色々な表情が楽しめますし、それらの写真を通して飼い主の方の愛情も感じられます。捨て猫のモコちゃんが登場してからのロビくんの苦悩と闘いの(?)日々の様子も見てる分には楽しいです(^^;。私はこのサイトを見て、将来もしも猫を飼うことがあるならロシアンブルーが良いな、と思いました。それくらいお勧めです。

閑話休題。まあデバイス名を付けたところで機能的には全く変化は無いのですが、やはり愛着は倍加しますよね。デバイス的には気に入ってるのでできるだけ長く「ロビくん」と付き合っていきたいです。
# 故障等で使用不能になるより、私の移り気でお別れする可能性の方がかなり高いのですが(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください