福田首相が退陣表明、官邸で緊急記者会見 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

首相は、8月1日に内閣改造に踏み切ったが、内閣支持率の低迷から抜け出せず、政権浮揚の展望が開けなかった。来年9月の衆院議員の任期満了まで約1年となり、民主党が対決姿勢を強める中、次期臨時国会の召集前に人心を一新して、今後の政局に備える必要があると判断した。

ちょうど一年前にも似たようなことを書きましたが、何故このタイミング?
サミットが終わって内閣改造をする前に辞めときゃ良かったのに。
一ヶ月ちょっとでまた新しい内閣ですか。

それ以前に、二年連続で首相が任期一年で退陣というのは異常事態ですよ。
消えた年金問題、ガソリン価格高騰とそれに付随する物価の上昇、税金の無駄遣い、解決すべき問題が山積の状況での辞任表明では、自民党は政権放棄の誹りを免れないでしょう。

国民をナメているというか、党のことしか考えてないというか。

次の総選挙では日本国民は本当によく考えて投票しなければなりませんよ。
民主党に政権担当能力があるかどうかは別にして、自民党には今のままじゃダメなんだということを思い知らせなければならないでしょう。
これで何も変わらないなら日本国民は本当にダメダメなんでしょう。

カテゴリー: MISC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください