昨日、先週録画したライアーゲームの最終回三時間スペシャルを観ました。
4月~7月ドラマは私にしては、多く観たほうなので簡単に総括。

・セクシーボイスアンドロボ
視聴率的には大コケですが、個人的には今期のドラマで No.1 です。
このドラマを受け入れられるかどうかは松山ケンイチのオタク演技に耐性があるかどうかで決まるのでしょうか? 私にとってはマイナス要因にはならなかったんですけどね。
最初に観た「ごぼ蔵」がかなり良かったけど「三日坊主」はもっと良かったらしい。見逃したのが残念無念。
このドラマ、以前やってた「すいか」に雰囲気が似てるなぁと思ってたら、演出とか脚本が同じ人なのね。
このドラマに影響を受けて漫画も読みました。ドラマとは完全に別の話でしたが、これはこれで良かったです。

・帰ってきた時効警察
今期のドラマの期待度 No.1 に違わぬ面白さだったと思います。横綱相撲といった感じでしょうか。前作はほとんど観ていなかったのですが、三日月しずかを演じた麻生久美子が良い味出してました。前作も DVD を借りてみる、まではしないでしょうけど。

・ライアーゲーム
個人的にも世間的にもダークホース的存在だったのではないでしょうか。途中から見始めたのですが、随所に見られるキレた演技、騙し騙されるスリリングな展開はなかなか楽しめました。視聴率的にも健闘しているようです。
最終回三時間スペシャルは前半総集編的な作りでしたが、単なる総集編に留まらず、今までの物語の背景も描かれていて良かったと思います。
ドラマは原作が未完の部分の結末を独自に描いているのですが、まあ無難なラストだったと思います。

・喰いタン2
前作の途中から観始めて、今回は期待して最初から観たのですが、可もなく不可もなくといった感じ。どこがどうとか言えないのですが、全体的には前作の方が面白かったかな。
・プロポーズ大作戦
SHINOが山下智久のファンなので観てたのですが、ビデオには撮ってないので帰りが遅くなった日は観てません。ということで最終回は観てません。このドラマを観て思ったのは、私が自分で思っている以上に、山下智久が好きで、長澤まさみが嫌いということでしょうか。二人が競演した「ドラゴン桜」での長澤まさみは好きだったんですけどね。最近の長澤まさみは CM とか見てても何か好きになれません、というか嫌悪感さえ抱きます。何故なんでしょうね。

・スリルな夜 子育ての天才
今期で最も期待ハズレだったドラマでしょうか。いや、サスペンスコメディと謳ってる段階で、ドラマではなくバラエティとして観るべきだったのかもしれません。ストーリー的にはそれなりにミステリ要素があって、伏線も一応回収されているので、一定の評価はできますが、説明テロップの多用やゲストの乱入等がドラマとしては完成度を落としてると思いました。第二シリーズがイケメン合衆国とかいう完全なバラティになってしまったので、この枠は二度と見ないでしょう。ちなみに、この枠はフジテレビが時効警察等のテレビ朝日の週末ナイトドラマに対抗するために設けた枠らしいですが、関西では探偵ナイトスクープがあるので、全く競合していませんでした。

カテゴリー: MISC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください