ペンタックス、デジタル一眼レフカメラ「K100D」の発売日を14日に前倒し

発売日が七月十四日に決まったペンタックスの新一眼レフデジカメ K100D を一足先に見てきました。職場の近くにペンタックス大阪オフィスがある恩恵ですね。

ボディは基本的に *ist DS系の流用のようなので、見た目に大きな違いは無し。持った感じとかもそんなに違うとは感じませんでした。最近 *ist DS をあまり触ってないので分からなかっただけかもしれませんが(^^;。

今まで *ist DS系を使っていた人ならすんなり移行できるでしょう。M42 のレンズでも手振れ補正が効く K100D の登場を嬉しく思ってるペンタックスユーザは多いのではないでしょうか。
ただ、秋には上位機種の発表も噂されているので買い控えてる人も居るでしょうね。

大阪オフィスでは DA21Ltd とかも見たかったのですがありませんでした。最近、DA40Ltd を買って *ist DS を通勤カメラとして復活させようかと考えたりもしてます。そうなると同じくパンケーキのDA21Ltdも気になるのですが、通勤途中の猫撮りということを考えると、より望遠側でよりコンパクトなDA40Ltdの方に軍配があがりますね。
黒ニャオンみたいに近づかせてくれる猫ばかりなら DA21Ltd でも問題ないのですが。

そういえば以前のエントリで、K100D という名前に違和感があるようなことを書きましたが、ペンタックス K マウントの由来となった由緒正しき名前だったのですね。無知振りを発揮してしまいました(^^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください