ウィルコム、シャープ、マイクロソフトは、W-SIM対応のPDA型携帯端末「W-ZERO3」を発表した。12月上旬発売予定。価格はオープンプライスになる予定だが、ウィルコムでは「50,000円を切る価格帯」にしていきたいとしている

大幅に出遅れましたが、一応取り上げておきます。
# 環境のせいもありますが、最近 PDA 系にはあまり食指が動かないので(^^;。

メーカー、スペック、価格とどれをとっても驚きのニュースですね。どこかでも書かれてましたが、ザウルスで独自路線を走っていたシャープが Windows Mobile の端末を発表したのは大きな驚きです。PDA マニアにとっては垂涎のガジェットだと言えると思いますが、一般ユーザにとってはどうなんでしょう?

海外ではどうか知りませんが、日本のユーザの多くが求めているのはスマートフォンではなく、高機能なケータイだと思います。以前、私は日本でスマートフォンが普及しないのはキャリアが乗り気じゃないからだと思ってましたが、どうもそれは理由の一端でしかなさそうです。やはりユーザがそれを望んでいないから普及しないのでしょう。自分が PDA 好きだったものだから、それを尺度に考えてましたが、多くのユーザは PDA 的機能よりも着歌やアプリ、カメラの方に重きを置くのでしょう。PDA ファンとしてはこの端末もある程度は売れてもらって、スマートフォンというカテゴリを確立してもらいたいですが、はてさて結果はどうなりますやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください