CCDが大型化、レンズも新設計に

DMC-FZ3 の後継機種です。CCD画素数は400万画素をすっ飛ばして一気にFZ20と同じ500万画素まで上げてきました。多くの方が望んでいた(?)ブラックも復活です。

DMC-FZ5

何回か書いてますが、DMC-FZ の一桁シリーズは個人的に好きなカメラです。中でも FZ3 は色々な所が改良されたバランスの良いカメラだと思っています。

FZ5 は一桁シリーズのコンパクトさを維持しつつ、FZ20並の画素を備えた意欲作、に見えますが”全域F2.8″でなくなる等失われた部分も多いようです。

FZ5 登場の背景には、いくらコンパクトとはいえ今どき FZ3 の 300万画素では顧客に対する訴求力が弱かったという部分があるんでしょうね。

FZ20の後継機も近々発表されるのかもしれませんが、フラグシップ機としてのFZ20 と コンパクトな入門機としての FZ3 というのは良い関係だったと思うんですよ。

そこに割って入った FZ5 はどんな位置付けになるのでしょう。FZ 二桁シリーズは廃止されて一桁シリーズに統合されてしまうのでしょうか。

いずれにせよ、これで FZ3 の値段が下がれば狙い目ですね、ってもうデジカメは増やしませんけどね(^^;。

FZ2 は絶妙のタイミングで処分できたのかも(゜゜)\バキ☆

2 thoughts on “やっぱり300万画素じゃダメ?”

  1. >> 12倍望遠端では絞る事が多いし、2.8通しでなくてもいいんじゃないでしょうか。

    私はずっと解放で撮ってました(^^;。F2.8 から絞れるのとそうでないのとではあまり差がないものですか?

    >> FZ20は軽いとはいえ*ist Dsと大きさはあんま変わらない

    個人的にはポケットに入らなければ、FZ2 も *ist DS も扱いは同じでした(爆)。だから Optio を買ってしまったのですが(^^;。

    ということなので、残念ながら私は今後 FZ シリーズは買わないと思います。FZ を買うなら望遠のレンズを買うと言うことですね。どちらが高いかは微妙ですが(^^;。

  2. FZ20とかなり近いスペックになってしまいました(^^;
    12倍望遠端では絞る事が多いし、2.8通しでなくてもいいんじゃないでしょうか。
    FZ20の後継機って出ますかねぇ…デジ一眼LUMIXが出るまでの間に
    淘汰されそうな予感も…。

    FZ5の大きさなら充分ハイエンド“コンパクト”と言えるサイズですよね。
    FZ20は軽いとはいえ*ist Dsと大きさはあんま変わらないので、
    “小さいのを(予備として)もうひとつ持ってく”という使い方が
    できず、どうしようかと考えているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください