永遠のライバル・任天堂とSCEが満を持して新型携帯ゲームを同時公開。従来のゲームに対する反省から生まれたNDSに対し、再び挑戦者として牙城に挑むSCEのPSP。それぞれの特徴を画像を交えて見てみよう。

任天堂とソニーから携帯ゲーム機が公開されました。

家庭用ゲーム機ではソニーの PS2 が他を圧倒していますが、携帯ゲーム機では任天堂の GBA が独占状態です。ソニーとしては携帯ゲーム機の分野でもシェアを伸ばしたいところでしょうが、果たしてどうなるでしょうか。

NDS PSP

NDS はちょっと野暮ったい筐体に見えますが、下側の液晶はタッチパネルにもなってソフトウェアキーボードとしても使えるということなのでちょっと面白そうです。GBA のソフト資産が継承できるのも好印象です。

PSP はソニーらしい洗練されたデザインです。大きな液晶は見やすそうでゲーム機のみの用途にとどまらせないというソニーの意図が良く現れていると思います。ただ、メモリスティックに加えて UMD という新しいメディアを作ったのはどうなんでしょう。規格の乱立はユーザの混乱を招くだけのような気もします。

どちらも無線 LAN 内蔵でもはやゲーム機としての枠を超えつつあると思いますが、個人的には最後の最後では任天堂に軍配があがりそうな気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください