豆餅 琢磨甘味倶楽部
PENTAX *ist DS / Macro-Takumar 50mm F4

ここ最近、和菓子にハマっている(?)SHINOが新たに目を付けたのが「出町ふたば」の豆餅でした。

この豆餅も私は知らなかったのですが、京都では有名なお菓子だそうです(^^;。

ということで、今回もSatoruとTohruを連れて、電車に乗って散歩がてらまで買いに行きました。

Satoruはいつもと違う色の電車(京阪)に乗れたのが嬉しかったようです。
私は京阪もPiTaPaが使えるのを今日知りました(行きの切符を買った後でしたけど(爆))。

阪急では大人しくしていたSatoruとTohruですが、京阪に乗り換えて他のお客さんが減るとチョロチョロしてました(-_-メ)。

目的の駅に着いて外へ出ようとしたとき、調べてあった出口の番号がありません。○○方面と××方面の二つの表示しかありません。勘で(^^;○○方面の方を選んだのですが、これが大ハズレ。しかも持ち前の方向音痴ぶりも発揮して出口を出た後反対方向に歩き始めてしまったので結構なタイムロスになってしまいました。

「出町ふたばの豆餅は人気商品で売り切れの可能性がある」「営業時間は五時半まで」この二つが私を焦らせました。子供達が「ヤスミターイ」「ノドカワイター」と言うのも「後で!」の一言で封殺して取りあえずお店を探します。

この後もう一回道に迷いながらも(。_゚BaKi☆\(ーー;なんとか五時十五分にはお店に辿り着きました。こんな時間なのにお店の前にはお客さんが結構居ましたが、幸い豆餅の在庫はまだありました。お疲れの子供達とマクドナルドで休憩してから帰りました。Satoruは更に違う色の電車(京阪特急)に乗れたのが嬉しかったようです。ちょっと散歩というには遠かったかな。

こうして買って帰った豆餅ですが、それだけの価値はあったようです。ここ数週で他にもいくつか豆大福を食べましたが、一線を画しているという感じです。

「琢磨倶楽部」にトラックバックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください