masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > 705NK

‘705NK’ のタグが付いた投稿

タイミング良いので採用

Today's Cat@20090422

月曜日に撮影

ポイント1の猫。

GX200がバッテリ切れに陥ったので、NOKIA E63 で撮影。

コメント欄で携帯電話のカメラの話題が出たので、写真自体は微妙ながら採用。

基本的に私は携帯電話の写真は信用してませんが、NOKIA N73(705NK)は別格でした。
912SH も CCD 採用で当たればそれなりに観られる写真が撮れました。

NOKIA E63 は……本体がチープな割には頑張ってるかな、という感じ。努力賞といったところでしょうか。

オートフォーカスが無いのが辛い。E71 はオートフォーカスが付いているらしく、「T」のキーを押せばピント合わせしてくれるのらしいのですが、E63 ではそれがありません。

携帯電話で撮るのは購入直後の試し撮りと、今回みたいな本当の非常用くらいですね。

N73 のときは積極的に撮ってたんですけどね。N82 を買ってれば少し変わっていたかもしれません。

NOKIA E63 は何猫?

デバイス名のお話。

iPAQ h1920 以降、PDA やスマートフォンのデバイス名には猫の名前を付けるのが慣例になってます。

歴代 PPC/WM デバイスの名前は以下の通りです。

iPAQ h1920:”Siamese_cat”(シャム猫)
私にとって初めての PocketPC デバイス。これ以前は PPC にあんまり良いイメージがありませんでした。銀色「っぽい」猫ということと、ニフティ時代のハンドル「シャムウェイ」に引っ掛けて命名。

iPAQ h4350:”Mayailurus”(イリオモテヤマネコ)
私にとって初めての前面QWERTYキーボード搭載デバイス。資金調達に手放したのが悔やまれました。筐体が大きいので少し大きめの猫をイメージしてイリオモテヤマネコに。古い学名を採用したのは「あずまんが大王」の影響による。愛称は「マヤー」。

W-ZERO3:”Mighty_Cat”
私にとって初めてのスマートフォン。Mighty Cat は Apple PowrBook 2400c/240 のコードネームで、W-ZERO3 を横から見ると PowerBook 2400c によく似てる事から命名。ちなみに私が所有していた PowrBook 2400c は Mighty Cat ではなく Comet の方。
現在、W-ZERO3は二代目のシャンパンゴールドを保有してますが、こちらには特にデバイス名を付けていません。

W-ZERO3 [es]:”Artemis”(アルテミス)
私にとって初めてのデュアルキーボード搭載デバイス。アルテミスはギリシア神話の月の女神ですが「白猫でアルテミス」といえば思い当たる方もいらっしゃるでしょう。美少女戦士セーラームーンでセーラービーナスこと愛野美奈子をサポートする白猫がアルテミスです。W-ZERO [es] の白を買うと決めたときに最初に浮かんだのがこの名前だったのですが、イマイチかな~、と思いつつ他に思い浮かばなかったのそのまま採用。

X01HT (HTC Hermes):”LUNA”(ルナ)
私にとって初めての HTC 製デバイス。ルナはやはり、美少女戦士セーラームーンでセーラームーンこと月野うさぎをサポートする黒猫の名前です。白の W-ZERO3 [es] のデバイス名がアルテミスだったので、黒の X01HT のデバイス名はルナで良いだろう、と安直な理由で決めました。

その後入手した、705NK、912SH は Bluetooth の設定でデバイス名を入力できますが、そこは機種名のままでした。

E63 も Bluetooth の設定でデバイス名を入力できるのでそこに名前を入れました。

E63 のデバイス名は Robby。愛称は「ロビくん」です。

この名前は travelica さん内のネコニッキの主役、ロシアンブルーのロビくんからいただきました。

私が買った E63 はウルトラマリンブルー。青い猫といえばロシアンブルー。ロシアンブルーといえばロビくんということで、実はかなり早い段階で決めていました。

masatsu file に猫目当てでお越しの方が、このエントリをご覧になることは無いかもしれませんが、猫好き方にはこのネコニッキ、お勧めです。ロビくんの日常の色々な表情が楽しめますし、それらの写真を通して飼い主の方の愛情も感じられます。捨て猫のモコちゃんが登場してからのロビくんの苦悩と闘いの(?)日々の様子も見てる分には楽しいです(^^;。私はこのサイトを見て、将来もしも猫を飼うことがあるならロシアンブルーが良いな、と思いました。それくらいお勧めです。

閑話休題。まあデバイス名を付けたところで機能的には全く変化は無いのですが、やはり愛着は倍加しますよね。デバイス的には気に入ってるのでできるだけ長く「ロビくん」と付き合っていきたいです。
# 故障等で使用不能になるより、私の移り気でお別れする可能性の方がかなり高いのですが(爆)

NOKIA E63 試写

NOKIA E63 のカメラの実写レビューです。

と、言いながら基本的に私は携帯電話のカメラには全く期待していません(爆)。デジカメは毎日持ち歩いてますしね(汗)。

ソフトバンクの冬モデルで800万画素の機種が出ましたが、デジカメは画像素子以上にレンズの方が重要だと思うので、携帯電話ではどうしても限界があります。705NK はカール・ツァイスレンズ搭載でカメラの良い携帯、との評判ですが、実際のところは当時の日本の携帯電話のカメラと比べて画質が極端に良い、と言うことはありません。でも、705NK で撮った写真を見返してみると何とも言えない味わいがあるのも確かです。

X02NK や N82 なら常用に耐えられるかもしれませんね。

では、閑話休題で E63 の写真を掲載します。

御堂筋イルミネーション

最初に撮ったのは御堂筋イルミネーション。いきなり夜景と少しハードルが高いです(^^;。
ですが思ったよりはよく撮れていると思います。

猫

この写真を今日の「今日の猫」にするかギリギリまで迷いましたが、やめました。E63に限らずですが、携帯電話のカメラはデジカメに比べるとどうしてもシャッターラグが大きくなるので、動く被写体の撮影は難しいです。猫の試し撮りをするなら神社の猫にすべきでしたね。

タンク

試し撮りでは定番のタンク。色合いは良い感じです。

工場

タンクのある工場。携帯電話のカメラだと空の色がなかなか綺麗に出ないのですが、E63 は良い方だと思います。

200万画素ということもあって全体的に解像感は足りないと思いますが、色合いは自然で好感が持てます。ブログ更新用には十分ではないでしょうか。

カメラ機能としてはフラッシュのオン/オフ等の設定がカメラを起動する度にクリアされるのは何とかして欲しいところ。

E63 のカメラを積極的に使うことは無いと思います(爆)。まあカメラを持ってないときに気になるものを見つけたときの為の非常用ですね。

912SH を使いこなそう!:筐体編

今回は 912SH の本体機能全般について書いていきます。単にカタログをなぞるだけになるかもしれませんが(^^;。

基本的なところはこちらを参照してください。

912SH を今尚「ハイエンド」足らしめている要因はカメラとスピーカーだと思っています。飽くまで個人的見解ですが。
カメラは最近の携帯電話では珍しく画像素子に CMOS ではなく CCD を使っています。デジタル一眼レフでも中上級機の画像素子には CMOS を使っているものも多いので、CMOS よりも CCD の方が優れているとは一概に言えないですが、デジカメが世に出た頃は「CMOS は CCD の廉価版」みたいな位置付けだったので、そのイメージを引きずって CCD の方が上位のような感じがしてます。実際の画質は皆さんの判断に任せますが、まあ携帯電話のカメラとしては頑張ってる方だと思います。
スピーカーはステレオスピーカーが搭載されています。個人的にはどうでも良い部分ですが(汗)これに引かれて 912SH を選んだ人も少なくないと思います。
この二つは、912SH の後継機である 920SH ではいずれも退化しています。もちろん、920SH になって進化している部分も沢山あるので、これだけで 912SH の方が 920SH より優れているとは言えませんが、この二つにはこだわりを持っているユーザも多いので「912SH最強説」が根強く支持されているのだと思います(要出典)。

日本語入力はケータイShoin5 で予測変換にも対応。変換は個人的にはまあまあ良いと思ってます。予測変換も機種によっては「使えない」と思うこともありますが 912SH はそれなりに優秀な印象。逆に単漢字を変換するときに面倒だと感じることが多いです。逆トグルもありますし、後はキー操作後に一定時間操作が行われないと入力文字を確定する自動カーソル機能にも対応してくれていたら尚良かったのに。

液晶は3インチのWVGAで、26万色表示のモバイルASV液晶を搭載してます。前にも書きましたが解像度は EeePC と同じです。3インチなので文字のサイズが小さく感じることもありますが、にじんで読めないということはありません。この辺はシャープのお家芸なので流石という感じですね。

そして、予想外の動きのサイクロイド機構。操作性を変えることなく横画面に移行できる、このサイクロイドやヨコモーションは、大げさかもしれませんが、携帯電話やスマートフォンのスタイルの理想形を示していると思っています。

今まで使ってきた QWERTYキーボード付きスマートフォンはキーボードを使おうとすると、横に向けてスライドするというアクションが必要でした。長く使ってるとこのアクションがどんどん煩わしくなり、なるべくスライドしないで使うようになってきます。そうするとどうしてもキーが少なく今度は入力が億劫になります。サイクロドなら、現在の携帯電話のキーボードインターフェースが良いか悪いは別にして、縦画面でも横画面でも同じように文字入力や操作ができます。サイクロイドは通信端末としての利便性とビューワとしての表現力を両立できていると思います。

最近の私の端末選択の基準に「歩きながら片手で手軽にメールが書けること」というのがあります。過去、私が所有したスマートフォンでこれを満たしたのは W-ZERO3 [es] と 705NK くらいでしょうか。現行機種では回線速度も踏まえると X02HT だけだと思います。W-ZERO3 [es] は携帯電話と同様のテンキーを備えていましたが、操作性は携帯電話にも及びませんでした。705NK や X02HT は QVGA でビューワとしての表現力が少し物足りない。その点、912SH は両方のバランスが取れていると思います。鳴り物入りでデビューした「インターネットマシン」922SH も片手で電話はできるかもしれませんが、片手でメールは無理でしょう。

スマートフォンでは色々なことができますが「歩きながら片手で手軽にメールを書く」というちょっとしたことが意外と面倒だったりします。912SH の筐体に汎用 OS を載せればそこそこ良い線行くと思うんですけどね。携帯電話のキーボードインターフェースが良いか悪いは別にして(笑)。

912SH を使いこなそう!:PC連携編

912SH にはパソコンと接続するためのユーティリティソフト Handset Manager が同梱されています。

電話帳のバックアップ、カメラで撮った画像の保存等、ファイルのやり取りに加えて Outlook との同期もできます。
購入前はこの辺のことを全然知らなくて、Outlook と同期ができるのは嬉しい誤算でした。これで PIM のパソコンとの連携という面ではスマートフォン並みに使えます。

繰り返しになります、Handset Manager には アドレス帳、ファイルマネージャ、SyncManager の機能があります。
さらに、ここからダウンロードできる Handset Manager にはそれらに加えて MusicManager という機能もあります。

Hadset Manager

MusicManager は AAC を管理して、ファイルを携帯本体、または microSD の PRIVATEMYFOLDERMy ItemsMusic に転送してくれれます(SD-Audioは非対応)。
この機能が 同梱版では何故省かれていたのかは不明です。SD-MobileImpact を使えということなのでしょうか。

Music Manager

これらの機能のうち、やはり一番重宝するのは SyncManager です。アドレス帳のバックアップは Outlook と同期すれば連絡先に入りますし、その他の機能は microSD を直接パソコンに挿せば代替可能です。

いま「microSD をパソコンに挿す」と書きましたが、私は基本的に 912SH とパソコンの接続は Bluetooth 経由で行ってます。
USBケーブルを使うのは SD-Audio を取り込むときだけ、microSD を挿すのは動画など容量の大きなファイルをコピーするか、複数ファイルを一度に大量にコピーするときだけで他は Bluetooth です。
読売ポッドキャストを MP3 から AAC に変換したファイルは 10MB 前後になりますが、これくらいなら Bluetooth でコピーします。

Bluetooth で 912SH に接続すると、毎回 912SH 側で暗証番号の入力を要求されます。これはまあ仕方ないとして、もう一つ厄介なのがあります。

それは SyncManager で Outlook のデータと同期する際に出る警告で、他のアプリが連絡先や予定表のデータに変更を加えようとしたときに Outlook が出すセキュリティ警告です。

鬱陶しい警告

同じ警告は筆まめの住所録と Outlook の連絡先を同期させようとしたときにも出ました。調べてみると、マイクロソフトが信頼したソフトだと警告が出ないようで ActiveSync や NOKIA PC Suite で警告が出ないのはそのせいでしょう。

Handset Manager は信頼されていないようなので諦めるしかないのかと思っていたら、ありました。やはり鬱陶しいと感じる人が多いのでしょうね。

Express ClickYes というソフトを常駐させておけば、件のセキュリティ警告が出た際に勝手に「はい」と返事してくれます。
本当に危険なソフトが Outlook のデータを更新しようとしたときはマズいので、常駐していても普段は機能が OFF になってる状態です。
同期する直前に機能を ON にするのですが、それすら煩わしい人は自己責任で常に ON の設定も可能です。ちなみに私は常に ON です(爆)。

Handset Manager + Bluetooth で 705NK には敵わないものの、そこそこのワイヤレス連携環境になってます。
私が Bluetooth を使い始めたのは 705NK からですが、便利ですね。X01HT の時に使ってなかったのが悔やまれます。

みーちゃん復活

みーちゃん復活

いつものお寺で撮影

久々のみーちゃん。
ここ数回お寺では全く猫は見かけてなかったのですが、
みーちゃんは健在でした。

みーちゃんはいつも柵の中の岩でうたた寝してるので
そこに居ないとすぐにあきらめていました。

今日は定位置からちょっと離れた場所に居ました。
きっと今までも私が見つけられてないだけで居たんでしょうね。

気まぐれで 912SH で撮影。
この写真はフルHD(1920 x 1080)で撮ってますが、QVGAサイズでも撮って
flickrへのメール投稿テストもやってみました。
が、やはり 320 x 240 ではイマイチですね。
というか、1920 x 1080 でもイマイチなのにはあまり変わりがない……
912SHのカメラはそんなに評判悪くないんですけどね。
見劣りするのは私が一度705NKを経験してるせい?
普段デジカメを使ってるせい?

いずれにせよ、1920 x 1080をS!メールで送るのはパケ代が少し怖いですね。
というか添付ファイルのサイズ上限に引っかかって送れない可能性大。

1 / 512345
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク