※ポータブル機の正式呼称は「ゲームボーイミクロ」だそうです。このエントリでは敢えて訂正はいたしません。

「Revolution」のコードネームで呼ばれる次世代機のプロトタイプを紹介し、上位互換性を持たせたことなどが発表されたほか、GBAと完全互換性のある「ゲームボーイマイクロ」も登場した。

昨日のPS3に続き、任天堂のRevolutionのプロトタイプも公表されました。

コンパクトサイズ

詳細スペックが発表されてないので推測の域を出ませんが、PS3のように無駄に(失礼?)ハイスペックではなく、ゲーム機としてのポイントを押さえた任天堂らしい感じがしました。

今回は流石にゲームキューブとの互換性が保たれています。更に、カートリッジで発売された旧機種のゲームもダウンロードすることで遊べるようになる辺りに任天堂の本気を感じます。
ゲームボーイのファミコンミニシリーズがヒットしたので、この旧作が遊べるという部分はポイント高いのではないでしょうか。ソニー陣営の牙城にどれくらい迫れるのかが注目です。

個人的に気になったのはRevolutionよりゲームボーイマイクロですね。何だかゲームウォッチみたいな外見ですが、NDSやPSPがポータブル機としては「ちょっと大きいかな?」という感じがするので、ゲームボーイマイクロはヒットするのではないでしょうか。ポータブル機では任天堂の優位が続きそうな気配がします。

2 thoughts on “ゲームボーイマイクロの方が気になる”

  1. ディスクシステムは私も大好きでした。
    ハードは発売日に買いましたし。

    昨年ファミコンミニで発売されたディスクシステムシリーズもそれなりに売れたようですし、レトロゲームに対する需要は大きいのでしょうね。

    でも、今だと携帯ゲーム機でプレイするくらいが丁度よいのかも。

  2. もうゲームハードはいらないやと思っていましたが、過去作品を遊べるというのなら、任天堂新ハードは買ってしまうかも知れません。
     ディスクゲームをやりたいのですよ。ディスクゲームには名作がとにかくたくさんあって、それを遊びたい。夢工場とか新鬼ケ島とか、ほかにもいっぱいいっぱいいいゲームはありました。懐かしい! 私はそれらを遊びたいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください