本日放送の「トリビアの泉」にて「三毛猫の99%は雌である」というトリビアが採用された。

これって常識の部類に入りませんかね?少なくともトリビアに採用される程のネタではないように思います。

実は以前森野さんと話をしているときこの話題になって「それトリビアに投稿してみたらどうです」と勧められたのですが、私は上記のように思っていたのでスルーしていました。今思うと惜しい事しましたね(爆)。

以前の”賽の河原”や”面相筆”ではないですが、自分では常識だと思っていても世間ではそうでないケースも、ままあるようです。これからは周りの人が少しでも「へぇ」と言ったらトリビアの泉に投稿することにします(^^;。

2 thoughts on “常識?それともトリビア?”

  1. perce-neige さんは”マクド”の件もありましたね。

    私も投稿はしてますよ。
    「オバケのQ太郎は生まれたときには毛が十本くらいあった」
    の他全部で三つほど投稿しましたが採用される気配はありません。

  2. 三毛猫の話は、一昔前なら常識でした。でも今は常識ではありません。猫の品種が増え、またこの手の知識を伝授する流れが核家族化で失われたためです。
     というわけで、僕もなにか思いつけば投稿しています。ジプシーキングスはフランス人とか、フランス語でママはママンだがパパはパパンではないとか、などなど。

    でも、通りませんよ。全然駄目ですよ。アンコールワットの落書きなんて、この間の朝日新聞で取り上げられてたじゃないか。ベルに二時間遅れた電話の特許だって、学研ひみつシリーズ読んでたら常識ですよ。きーっ、きっと僕が出してもとりあげられないんだ。
     ということになりますので、ご利用は程々に。なお、ご存知と思いますが、フジのサイトからオンライン投稿可能ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください