masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > W-ZERO3

‘W-ZERO3’ のタグが付いた投稿

さよなら、IS02

IS02 vs W-ZERO3

先月買ったIS02が本日旅立って行きました。

続きを読む

これはスライドQWERTYの敗北なのか?

PHS/W-CDMA対応でWindows Mobile 6.5搭載「HYBRID W-ZERO3」 – ケータイ Watch

ウィルコムは、PHSとW-CDMAに対応し、別売のW-SIM型のGSM/GPRSモジュールを装着すればGSMエリアでも利用できるシャープ製スマートフォン「HYBRID W-ZERO3(ハイブリッド ダブリューゼロスリー)」を2010年1月に発売する。

ウィルコムから W-ZERO3 の新機種も発表されました。

PHS と W-CDMA のハイブリッドは個人的にどうでも良いです(爆)。価格とユーザ側の使い勝手悪くないのであれば。

個人的に一番気になるのは QWERTY キーボードが無くなってしまったこと。あんなにケータイっぽくした WILLCOM 03 でも QWERTY キーボード付いてたのに。これじゃ ドコモのプロシリーズみたいです。

WILLCOM の W-ZERO3 シリーズはこのままだんだんケータイに近寄っていくんですかね。これが時代の流れか……、というか、ユーザの要望が形になったんですよね?

スマートフォンに QWERTYキーボードが必須というわけではないですが、W-ZERO3 シリーズから 代名詞とも言える(言ってない?)スライドQWERTYキーボードが無くなってしまうということは、やはり使い勝手がイマイチ、とユーザに認定されてしまったということなのでしょうか。

WM なので最悪ソフトキーボードで QWERTY 使えるでしょうし(画面の大きさによっては使い物にならない可能性もありますが)、実施にテンキーに慣れてる人の方が多いでしょうから、これはこれで一つの答なのかもしれませんね。

私流 iPhone ケース

最強の組み合わせ?


リールクリップとネックストラップ 今回の要、リールクリップ iPhoneとストラップの結合部 リールクリップとネックストップ PiTaPa に誤動作防止シールを貼ってをケースに

iPhone 3G の購入を検討し始めた時から、私の頭の悩ませたのはケースの問題でした。

基本的に私は「携帯電話は裸族で運用すべき」と思っています。サッと取り出して、サッと使おうとすると、ケースはどうしてもネックになります。

と、言いながら、iPhone を裸で使うのは少し勇気が要ります。かといって、iPhone の美しいフォルムをケースで隠してしまうのも忍びない。iPhone のフォルムを活かしつつ、操作性も保つにはどういうケースが相応しいでしょうか?

まず思いつくのがクリケシリコンケース。実際利用者も多いでしょうし、正解の一つだと思います。

でも、ここで終わらないのが私の難儀なところ。まず、私は携帯電話をネックストラップで持ち歩きたい人なのです。705NKを買ったときに初めてネックストラップを使いました。当初は、705NKをカメラとして使う場合にネックストラップなら便利だろうと思って使い始めたのですが、普段使いにもネックストラップは便利です。以来、912SH、E63 と常にネックストラップで使っています。

iPhone 本体にはストラップホールはありません。ですので、クリアケースにピンバイスで穴を開けてストラップを使ってる方もいらっしゃいます。最近はシリコンケースにストラップ用の金具がついている商品も多いです。

ならストラップ問題は解決じゃないか、と思われるかもしれませんが、もう一つ要望があります。iPhone のケースを PiTaPa のケースとして使いたいのです。以前、私はW-ZERO3 のケースを PiTaPa のケースとして使っていました。PiTaPa は関西圏最強の電子マネーとか言われることもありますが、まだまだ対応店が少ないです。自動販売機とブックファースト以外では、会社近くのコンビニしか知りません。もっと普及してほしいところですが、とりあえず、通勤には毎日使うので、使用頻度という点では、やはり携帯電話と PiTaPa を一緒に持ち歩けるのが望ましいです。

実は、ICカード対応の iPhone用ケースは既にいくつか存在しています。

じゃあ、これも解決じゃないか、と思われるかもしれませんが、どうにもこうにも野暮ったい。スタイリッシュで、ICカードが使えて、ストラップも使える。これらの条件を満たすのは、フリップ付か手帳型の革ケースでしょうか。これで万事解決、かと思いきや、こういったケースは全体的に厚ぼったくなりますし、クリケやシリコンケースと違って iPhone のフォルムも隠してしまいます。

ケース自体がスタイリッシュで、iPhone のフォルムをなるべく隠さず、ストラップが使えて、ICカードも使えるケース、そんな無茶な要望を並べ立てて、導き出した私の答えが、rethinkLim Phone Sleeve for iPhone 3Gエザンスの iPhoneストラップアダプターの組み合わせです。

これをネックストラップで運用すればほぼ私の希望通り。でも、ネックストラップの場合、大きな問題が残ってました。

首にかけたままだと改札に届かない……

これを解決したのが、リールクリップでした。形から入る私が、アップルマーク付のネックストラップを探していたときに、アップルマーク付のリールクリップを見つけました。

これで iPhone を首にかけたまま改札にタッチできます。そして最後の秘密兵器が、ICカードエラー防止シール

W-ZERO3 と一緒に使っていときもそうでしたが、携帯電話と一緒だと ICカードの誤動作が多いです。このシールも最初気休めくらいのつもりで買ったのですが、効果てきめんでした。このシールを貼る前は三回に一回くらい失敗してましたが、貼ってからは失敗無しです。これで、私流の iPhone ケースの完成です。

Lim Phone Sleeve for iPhone 3G + エザンスのストラップアダプタ + ネックストラップ + リールクリップ + PiTaPa + ICカードエラー防止シール、この組み合わせの満足度は非常に高いです。世界で一番スタイリッシュな ICカード対応 iPhone 用ケースじゃないかと、自画自賛しています。

これで、電話として使うときの使い勝手が良ければなぁ(爆)。iPhone とICカードをスリーブ型のケースに入れているので、それなりに気を使います。カードにピンバイスで穴を開けてテグスを通して落下防止にしようかと検討中です。

あと、この組み合わせは胸ポケットのある服でしか使えません。iPhone の自重でリールが伸びてしまうからです(汗)。で、昨日の休日出勤は私服だったので、リールから外して Lim Phone Sleeve for iPhone 3G 単体で持っていったのですが、このケースはこんな邪道な使い方をしなければ非常に良いケースだと改めて思いました。

ということで、紆余曲折を経ましたが、いや、経たからこそ、iPhone のケースには満足しています。

なんてことを書いておきながら、iPhone工房さんのiPhone工房 10万アクセス突破記念プレゼント企画!に応募してたりして(爆)。

いや、air jacket も評判が良いので一回使ってみたいかなー、なんて。

Xデーは4月10日?

Xデーといっても北朝鮮のミサイル発射日ではありません。

私が iPhone 3G を購入する日です(買うのか?)。

4月なのは、昨年の8月以来、二ヶ月おきに買い物をしてるので、今度は4月かな、と。
10日なのは、ソフトバンクの請求の締めが10日なので、スッキリ契約変更できるかな、と。

まあ、これだけの理由なので、あまり真に受けないでください。

でも、iPhone で携帯サイトが見られる SBrowser なるソフトが出ているとか。これがそれなりに使えるなら、iPhone 購入が現実味を増してくるかも。

あと、会社近くのソフトバンクショップで、パケット定額フルの上限引下げは二年目以降も有効なのか?と聞いて来ました。結果は有効。契約自体が二年契約なので、割賦を払い終えても自己申告しない限り自動的に再度二年契約になるので、キャンペーン中に契約した iPhone を使い続ける限り(使っていることにしておく限り)パケット定額フルの上限は引下げられます。

ただ、二年も経てば、全機種対象で引き下げられてるかもしれませんよねぇ。更に言えば「全機種パケット代2,980円で使いたい放題!」なんてことになってるかもしれません。

二年と言わず、夏に発表されるという噂の新型 iPhone 用の料金プランは、パケット定額フルの上限がキャンペーンと同じように引き下げられる可能性が高いんじゃないかな、と個人的には思っています。

まあ何回も書いている通り、新型が控えていると分かっていても、私が iPhone を買う可能性は実質0円のキャンペーン中しか無いわけで、また私の場合、iPhone 本体よりも SIM が欲しいわけですから、先のことなんて考えても意味が無いんですけどね。

そいうや、このショップではスマートフォンに割りと力を入れていたのですが、ノキア機は姿を消してました。ヨドバシでも売ってなかったし、もし N82 を買うなら(今更ですが)近所のヤマダ電機とか行かないとダメですねぇ。

このヤマダ電機に X02NK も N82 にもまだあるようです。更に、ウィルコムのコーナーには、何と初代 W-ZERO3 が!。こんなの今時ウィルコムプラザにだって置いて無いんじゃないでしょうか(爆)。

閑話休題。4月に買うかどうかは別にして、私の中で iPhone の購入確率はかなり高くなってきています。0円で新しいおもちゃとパケット定額フル上限引下げが手に入るならいってしおうかなぁ~、なんて感じで(爆)。

でも、只ほど高いものは無い、って言いますしねぇ。ま、もうちょっと悩みますよ。

iPhone 8GB が実質0円

iPhoneにキャンペーン価格、パケット上限額の値下げも.

ソフトバンクモバイルは、iPhone 3Gの販売価格を割り引くキャンペーン「iPhone for everybody キャンペーン」を実施する。期間は2月27日~5月31日で、新規契約が対象。また、既存のiPhoneユーザーも対象に、パケット定額フルの上限額が下がる期間限定申し込みの料金も用意される。どちらも、新たに用意される「2年契約(キャンペーン)」に加入する必要がある。

期間限定ですが、iPhone の販売価格が割り引かれるそうです。8GBだと実質負担額0円になります。

う~ん、発売当初からこの価格ならもうちょっと iPhone を検討したかも。
ただ、正直なところ iPhone 一台ではカバーできない用途もあるので購入には至らないかな。新規のみなので番号も変わっちゃいますしね。

どうしても iPhone が欲しいなら、E63 との組合せも考えると iPod touch の方が現実的でしょう。まあ、二台持ちになってしまうので、912SH + W-ZERO3 を E63 にリプレースした意味が薄れるので買わないですけどね(^^;

というか、今回は本体価格の値引きより、パケット定額フルの上限引き下げの方が羨ましい。
iPhone だけとは言わず、是非全機種を対象にしてもらいたいです。そしたら OPEN を使い続けます。

今回の販売価格の値引きとパケット定額フルの上限引き下げは、今まで iPhone に興味を持ちながら一歩踏み出せなかった人にとっては大きく背中を押されることになるんじゃないでしょうか。

裏を返せば、それだけ iPhone が売れてないってこと?

NOKIA E63 は何猫?

デバイス名のお話。

iPAQ h1920 以降、PDA やスマートフォンのデバイス名には猫の名前を付けるのが慣例になってます。

歴代 PPC/WM デバイスの名前は以下の通りです。

iPAQ h1920:”Siamese_cat”(シャム猫)
私にとって初めての PocketPC デバイス。これ以前は PPC にあんまり良いイメージがありませんでした。銀色「っぽい」猫ということと、ニフティ時代のハンドル「シャムウェイ」に引っ掛けて命名。

iPAQ h4350:”Mayailurus”(イリオモテヤマネコ)
私にとって初めての前面QWERTYキーボード搭載デバイス。資金調達に手放したのが悔やまれました。筐体が大きいので少し大きめの猫をイメージしてイリオモテヤマネコに。古い学名を採用したのは「あずまんが大王」の影響による。愛称は「マヤー」。

W-ZERO3:”Mighty_Cat”
私にとって初めてのスマートフォン。Mighty Cat は Apple PowrBook 2400c/240 のコードネームで、W-ZERO3 を横から見ると PowerBook 2400c によく似てる事から命名。ちなみに私が所有していた PowrBook 2400c は Mighty Cat ではなく Comet の方。
現在、W-ZERO3は二代目のシャンパンゴールドを保有してますが、こちらには特にデバイス名を付けていません。

W-ZERO3 [es]:”Artemis”(アルテミス)
私にとって初めてのデュアルキーボード搭載デバイス。アルテミスはギリシア神話の月の女神ですが「白猫でアルテミス」といえば思い当たる方もいらっしゃるでしょう。美少女戦士セーラームーンでセーラービーナスこと愛野美奈子をサポートする白猫がアルテミスです。W-ZERO [es] の白を買うと決めたときに最初に浮かんだのがこの名前だったのですが、イマイチかな~、と思いつつ他に思い浮かばなかったのそのまま採用。

X01HT (HTC Hermes):”LUNA”(ルナ)
私にとって初めての HTC 製デバイス。ルナはやはり、美少女戦士セーラームーンでセーラームーンこと月野うさぎをサポートする黒猫の名前です。白の W-ZERO3 [es] のデバイス名がアルテミスだったので、黒の X01HT のデバイス名はルナで良いだろう、と安直な理由で決めました。

その後入手した、705NK、912SH は Bluetooth の設定でデバイス名を入力できますが、そこは機種名のままでした。

E63 も Bluetooth の設定でデバイス名を入力できるのでそこに名前を入れました。

E63 のデバイス名は Robby。愛称は「ロビくん」です。

この名前は travelica さん内のネコニッキの主役、ロシアンブルーのロビくんからいただきました。

私が買った E63 はウルトラマリンブルー。青い猫といえばロシアンブルー。ロシアンブルーといえばロビくんということで、実はかなり早い段階で決めていました。

masatsu file に猫目当てでお越しの方が、このエントリをご覧になることは無いかもしれませんが、猫好き方にはこのネコニッキ、お勧めです。ロビくんの日常の色々な表情が楽しめますし、それらの写真を通して飼い主の方の愛情も感じられます。捨て猫のモコちゃんが登場してからのロビくんの苦悩と闘いの(?)日々の様子も見てる分には楽しいです(^^;。私はこのサイトを見て、将来もしも猫を飼うことがあるならロシアンブルーが良いな、と思いました。それくらいお勧めです。

閑話休題。まあデバイス名を付けたところで機能的には全く変化は無いのですが、やはり愛着は倍加しますよね。デバイス的には気に入ってるのでできるだけ長く「ロビくん」と付き合っていきたいです。
# 故障等で使用不能になるより、私の移り気でお別れする可能性の方がかなり高いのですが(爆)

1 / 1112345...最後 »
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク