バカンスローズ、ソイルブラック、エアリーベージュ、トロピカルターコイズと4色のカラーバリエーションが用意されたほか、手軽にキー側ボディ背面の外観を変更できる「フィット・カバー」が採用され、着せ替えが復活した。

NTTドコモから FeliCa を搭載した携帯電話が発表されました。

個人的に目を引くのは着せ替えが復活したソニーエリクソン製の SO506iC です。

メリハリのない(?)カラーバリエーション

現行の機種では P900i に続く2機種目ですが、着せ替えの流れは継続してもらいたいものです。まだ見ぬソニーエリクソン製 FOMA での採用もお願いしたいところです。

端末の方は SO505iS とそっくりですね。カラーバリエーションも4色と豊富ですが、似通った色が多いような。森野氏によるとディスクジョグの使い勝手もイマイチらしいので、食指は動きません。やはり次の機種変は FOMA で決まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください