とりあえず、オムニポーテントはゲットしました。

今はせっせとメダル集めの最中。条件なんて分からないので攻略サイト見ながら地道にやってます。
一属性クリーチャーのみが終わったので、一種族クリーチャーかレアリティ縛りに挑戦予定。

対戦は負けたり、勝ったり、負けたり、とまあ要するに余り戦績は良くありません(^^;

最後の対戦では初めてスペルブックと遭遇。見事に焼き尽くされました。ケットシーではカタストロフィを防げないんですね(本当に経験者か?)。
その時には持ってなかったサンドマンが手に入ったのでブックに入れようかと思いますが、また遭遇するとは限りませんしね。

以前、残雪師匠が書いてましたが、対戦はブックに関わらず勝つときは勝つし、負けるときは負ける、というのを実感してます。

残り3ラウンド、僅差の2位で城目前、帰城すればトップに踊り出る、という状況でカオスパニックを喰らい、最下位の人の高額土地に踏み込んで結局最下位というのがありましたし、何故か他のプレイヤー同士が牽制しあってノーマークの私があっさり勝利というのもありました。

対戦においてはブックもさることながら、ダイス目やカードの巡り会わせが重要であるということですね。

でも、なればこそ、私もいつまで初期ブックの継ぎ足しじゃなくて、確固たる戦略を持って闘えるブックを作りたいのですが、なかなか。

メダル集めをするにはいろいろなブックを作らないとダメなのでその過程で研究しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください