ソニー・コンピュータエンタテインメントは本日(10月27日),新携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」を12月12日,価格を1万9,800円(税込2万790円)で発売することを発表した。

当初三万円超とも噂された PSP ですが、ニンテンドーDS にあの価格で来られては
ここまで下げざるを得ないでしょうね。

“安かろう悪かろう”ではないことを祈っています。

4 thoughts on “こちらも頑張ったかな?”

  1. 全てはソフト次第…ですね。
    私は性能の事はよく分からないので、単純に19,800円はちょっと高いな~っと思ってしまいました(^^;

  2. >> 全てはソフト次第…ですね。

    やはり私としてはこれに注目です。
    http://www.capcom.co.jp/vampire_cct/

    でも携帯ゲーム機では操作性に疑問符が付きますね。
    どうせなら据置型、いや、いっそのことアーケード
    で出してくれれば良いのに。

    DS vs PSP、私は DS の圧勝!と踏んでますがどう
    なることやら。
    # 遙か昔 SS vs PS は SS の勝利、と予想した私なのでアテになりません(^^;

  3. 微妙に横長なのが気になりますね~(^^;
    携帯機で格闘ゲームは正直厳しいかと_| ̄|○
    DSは逆裁新作待ち、PSPは…謎(笑)

  4. ゲーム用途のみならやはり DS の圧勝だと思います。

    でもソニーは PSP に携帯メディアマルチプレイヤー のような
    役割も与えようとしています。

    その辺が世間にどう受け入れられるかですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください