masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > youtube

‘youtube’ のタグが付いた投稿

ダメ出し?

ある日曜、Satoruが「仮面ライダー ディケイド」のオープニングを見ながら聞いてきました。

「なんで『ほんとうのじぶんじしんではダメ』なん?」

本当の自分自身では駄目ってえらく厳しいダメ出しやな、と思ってたら……ちゃうちゃう、あれは、

「本当の自分自身 出逢うため」

が正解ですね。

でも確かに「本当の自分自身では駄目」と聞こえなくもないです。「自分自身」と「出逢うため」の間に「に」とか「と」とか入ってたらもう少し聞き取り易かったと思います

「仮面ライダー ディケイド」のオープニングテーマ、Journey through the Decade です。

俺の値段を誰が決めた!?

一週間前くらいから、サイトの値段を測定してくれるタイプのブログパーツを設置しています。

最初に設置したのがサイトストックのブログパーツ。これはよく見に行く PDA 系サイトに設置してあったのを見て私も設置してみました。ここの評価は大体十万~十五万で一定しています。

次に設置したのがサイトキャッチャー。これは偶々行ったサイトで見かけました。設置した当初は十万以下でしたが、今は十五万を越えていますね。

最後はWebCowのWebHowMuch。これもどこかで見かけました。ここのは最初から高い金額で五十万を超えています。参加サイト数が少ないのか、二十位前後でランクインまでしています。

ある一つのパーツの値段が上がってるのに、他のが下がったりと、値段の算出根拠は全く分かりませんし、それぞれ独自に違うのでしょう。ということで、ブログスカウター以上に当てにならない数字ですが、まあ賑やかしで置いておこうと思います。

もちろん、三つも置きませんよ。しばらく様子を見て一つに絞るつもりです。やっぱり一番高値を付けてくれている WebHowMuch が有力かな。

続きを読む

912SH を使いこなそう!:命名、メタボフォン

今 912SH では色々なことをしています。テレビを見て録画して写真を撮ってポッドキャストや音楽を聞いてYouTubeやニコニコ動画の動画を変換して見てゲームで遊んでパソコンと予定表や連絡先をシンクロして待ち受けやメニューをカスタマイズしておサイフ代わりに使ってネットに繋いで、と私にとっては欠かせないツールになっています。今まで使ってきたスマートフォンのどれよりも活用していると思います。

これだけ色々なことができる 912SH はスマートフォンとは呼べないでしょうか。

スマートフォンの定義は色々ありますが、パソコンとPIMデータをシンクロできて、動画や音楽のマルチメディアファイル、ワードやエクセルといったビジネス文書を利用できる 912SH は機能的にスマートフォンと比べて遜色ないと思います。

しかし、汎用 OS ではなく、アプリケーションの追加やカスタマイズのできない 912SH はやはりスマートフォンとは呼べないでしょう。

日本の携帯電話は、メガピクセルカメラ、メディアプレイヤー、ドキュメントビューワ、電子辞書、ワンセグ、おさいふケータイ、GPSと非常に多くの機能を備えています。Zガンダム的表現を使うならば「恐竜的進化」を遂げていると言えるでしょう。

一方でキャリアの呪縛にとらわれ、自由度が低いのも厳然たる事実です。

多機能でありながらスマートフォンとは呼べない日本の携帯電話に、僭越ながら名前を付けました。
メタボリックフォン、略してメタボフォンです。

機能的にはスマートフォンを凌駕するほど肥大化しておきながら、キャリアの枠から飛び出せずどこかスマートでない日本の携帯電話にはぴったりのネーミングではないでしょうか(自画自賛)。

この命名をもって、912SH を使いこなそう!の最終回といたします。

最終回といっても、今後全く 912SH の話題を出さないという訳ではないので、気づいたことがあればドンドン書いていこうと思います。

912SH を使いこなそう!:動画再生編~flv変換への道・結

FLV Splitterでflvのコーデックを追加したもの、変換できるファイルとできないファイルが出てきたので、FFDShowを導入することにしました。

前回のエントリでも書いたとおり、FFDShowは前にも導入したことがあります。
ただ、このときは、flvの変換のためではなく、変換後の音ズレ対策のためでした。こことかこことか参考に。

このときに 3GP_CONVERTER.ini に flv も追加してみたのですがうまくいきませんでした。FFDShowをインストールした際にOn2VP6を追加してなかったのかもしれません(それが目的でなかったのでよく覚えていない)。
期待した音ズレも直らなかったのでこのときFFDShowを導入した効果は得られませんでした。

で、今回ここを参考にもう一度導入してみましたが、何が悪かったのかまたしてもうまくいかず。

続いて「理系人のススメ」さんの「On2VP6の変換」を見ながらやってみたらうまくいきました!

ここではK-Lite Codec Packが使われていますが、結局のところFFDShowがインストールされます。
K-Lite Codec Packに含まれるFFDShowと私がダウンロードしたFFDShowのバージョンが違うせいなのか、単に私がミスってるせいなのかよくわかりませんが、こちらのやり方だとうまくいきました。
一点、AVS_Skelton.avsの二行目を

DirectShowSource(”< %InputFile%>”, convertfps=true)

としました。

追記
”< %InputFile%>”の部分が見えなかったのは HTML の解釈の問題のようでした。

これで変換エラーも無く、変換された動画は912SHできちんと再生できています。今のところ例外はありません。副産物として前の環境では音ズレしていた動画も音ズレなく変換できるようになりました。

これが携帯動画変換君だけでflvの変換をしようとしたお話の顛末です。

なぜかこちらの ini では相変わらず変換後の動画が再生されません(ffmpegをバージョンアップしなくても)ので(再生できるようになってました)、今は flv を変換するときはこちらの ini を、それ以外の形式を変換するときはライカバールさんの ini を使うようにしています。

最後に私に flv 関連の Tips集のようなものを

続きを読む

912SH を使いこなそう!:動画再生編~flv変換への道・転

いや~、それにしても、前回のエントリで書いた、変換は正常に終わってるのに、912SHでだけ再生できないというのは不可解です。

この件で「ライカバール」の管理者様に色々とご協力いただきましたが、原因は不明。確実に言えるのは私の環境(ソフトのバージョン等も含む)がおかしいということ。
最初は 912SH の個体差(ソフトウェアアップデート適用の有無とか)だと思っていたのですが、実際に変換された動画を提供していただいたりして、そうではないことも確認できました。
結局 ffmpeg のバージョンアップでは埒が明かないので、flv のコーデックを追加して AviSynth を併用して変換する方法を試すことにしました。

flv のコーデックを追加する方法も色々あるようで、ざっと調べたところ、

・FLV Splitterを導入する方法
・FFDShowを導入する方法

があるようです。実は FFDShow の導入は OS が飛んでしまう前に試したことがあって、そのときはうまくいかなかった(多分理解が足りなかった)ので今回はFLV Splitterを導入する方法でやってみました。
やり方はここを参考にしました。

FLV Splitterを導入し、コーデックを追加した状態で、最初に使っていた ini ファイルで変換したところ、変換は無事終了。
しかし、問題はここから。変換した動画を 912SH にコピーして再生すると……無事に再生できました!

これでやっと解決、終了!

と思っていたら、まだ落とし穴がありました。変換できない flv が出てきたのです。今回は変換自体がエラーになります(T_T)
同じニコニコ動画からダウンロードしても変換できるファイルとそうでないのがあって、YouTube でも同様です。

こうなったら仕方が無いので、もう一度 FFDShow を導入してみることにしました。そのことについてはまた次回。次回で完結です。

912SH を使いこなそう!:動画再生編~flv変換への道・承

私が、YouTubeの動画をダウンロードして変換し始めたのが、11月頃でしたが、12月下旬からは仕事が忙しくなってバタバタしたり、1月に入るとパソコンが再三壊れてしまったりと、最近はあまり変換してませんでした。

120GBのハードディスクを買いなおして、セットアップも一段落したので、動画変換周りの環境を整えようか、と Web を検索していたときに、携帯動画変換君だけで flv を携帯電話で見られる形式に変換する方法が色々見つけました。

flv を携帯電話変換君だけで変換できるようにするには大きく分けて二つのやり方があります。

1.携帯動画変換君で使われている ffmpeg を新しいバージョンにする
2.Windowsに flv のコーデックを追加して AviSynth を併用して変換する

私が最初に見つけたのは「ライカバール」さんで公開されている、そのものズバリ「ニコニコ動画のFLVを912SHで再生出来るようにする」というエントリでした。

このエントリでは、こちらで公開されているより高品質で912SH用に動画を変換するための ini ファイルを独自に改変して ffmpeg の新バージョンに対応する方法が書かれています。方法としては1.の方になります。

このエントリを見つけたときは「ラッキー」と思いましたね(爆)。
ffmpeg のバージョンが上がるとサポートされるコーデックが増える代わりに、今まで使えたオプションが使えなかったり、パラメータの書式が変わったりで私にはチンプンカンプンでした。
それが、このエントリの手順に従って必要なファイルを集め、設定してやれば実にあっさり携帯動画変換君だけで flv を変換できるようになりました。

これで万事解決、完!

と、思っていたら、世の中そこまで甘くありませんでした orz

この方法で変換した動画はパソコンでも W-ZERO3 の TCPMP でも再生できるのに肝心の 912SH で再生できないのです。

どうもこれは元ファイルが flv のときにだけ起こる現象のようで、同じ方法で変換した VOB や RM、WMV、Divx 動画は問題なく 912SH で変換できています。
元ファイルが flv でなければ従来の方法でも全く問題なかったのでこれでは意味がありません。

ということで、2.の方法を試してみることにしました。そのことについてはまた次回。

1 / 3123
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク