masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > revo

‘revo’ のタグが付いた投稿

ノキアふたたび、シンビアンみたび

SoftBank の 705NK を買おうと思ったキッカケはなんだっただろうか。

元々発表されて以来気になっていたデバイスではあった。
702NK と比較すると 外部メモリが miniSD になったり、画面解像度が QVGA になったり、気になっていた部分が解消している。
逆に、最大の魅力であった「勝手アプリ」のインストールができなくなってしまっている。
ただ、これらの特徴は大部分が 804NK と同様である。となれば、705NK 最大の魅力は カールツァイスレンズ搭載している点ということになる。

街角スナップと称して、街中の何気ない写真を撮り始めた頃から、手軽に撮れるカメラが欲しいと思うようになっていた。
第一候補に挙がったのが初代 IXY Digital L。超コンパクト400万画素機ながらその単焦点レンズの性能評価は高かった。
首から下げてサッと撮るには最適のカメラだと思った。オークションで価格を調べるとそこそこのお値段でいらっしゃる。

買おうかどうか迷ってるうちに、705NK の存在が浮上した。
X01HT を使っていて気になる部分は二つ。重さと携帯コンテンツを閲覧できない点。
705NK ならばこの二点を解消し、更にカメラとしても使える。

ということで、705NK を購入する運びとなった。

続きを読む

ゲームボーイマイクロの方が気になる

※ポータブル機の正式呼称は「ゲームボーイミクロ」だそうです。このエントリでは敢えて訂正はいたしません。

「Revolution」のコードネームで呼ばれる次世代機のプロトタイプを紹介し、上位互換性を持たせたことなどが発表されたほか、GBAと完全互換性のある「ゲームボーイマイクロ」も登場した。

昨日のPS3に続き、任天堂のRevolutionのプロトタイプも公表されました。

コンパクトサイズ

詳細スペックが発表されてないので推測の域を出ませんが、PS3のように無駄に(失礼?)ハイスペックではなく、ゲーム機としてのポイントを押さえた任天堂らしい感じがしました。

今回は流石にゲームキューブとの互換性が保たれています。更に、カートリッジで発売された旧機種のゲームもダウンロードすることで遊べるようになる辺りに任天堂の本気を感じます。
ゲームボーイのファミコンミニシリーズがヒットしたので、この旧作が遊べるという部分はポイント高いのではないでしょうか。ソニー陣営の牙城にどれくらい迫れるのかが注目です。

個人的に気になったのはRevolutionよりゲームボーイマイクロですね。何だかゲームウォッチみたいな外見ですが、NDSやPSPがポータブル機としては「ちょっと大きいかな?」という感じがするので、ゲームボーイマイクロはヒットするのではないでしょうか。ポータブル機では任天堂の優位が続きそうな気配がします。

妥協無い?スペック

正式名称は「PLAYSTATION 3」に決定。E3で試作機が展示される。

PS3が発表されました。目を引くのは、Yahoo!、の見出しにもなってしまいましたが、メモリスロットや外部拡張端子の豊富さですね。

豊富な端子類

メモリスティックだけでなくSDやCFにも対応したのは興味深いです。無線LANやBluetoothにも対応。ワイヤレスコントローラは標準ですか?ハードディスクが標準では無さそうなのが残念かも。「PlayStationおよびPlayStation 2との互換性を備える」のは嬉しいですね。

Xbox360Revolutionはどう出てくるでしょうね。

懸念されるのはハードの性能にソフトがついて行かないことですかね。開発する人も大変でしょう。

日本アーティストの中国語表記

ZONEのアルバムを検索してたらたまたま見つけて面白かったのでちょっと掲載。

ZONE → 少女地帶
CHEMISTRY → 化學超男子
ORANGE RANGE → 橘子新樂園
ゴスペラーズ → 聖堂教父
L’Arc-en-Ciel → 彩虹
DREAMS COME TRUE → 美夢成真
Every Little Thing → 小事樂團
Do As Infinity → 大無限樂團
続きを読む

理想の PDA

どうやらPsion Revo後継らしい。Psionが開発した「Thor」(CeBit 2000での画像)というハンドヘルドで、QWERTY配列のキーボードを持つ。解像度640×240、Bluetooth・デジカメ内蔵、MP3再生可能。

revo の後継機ですか。revo はコンパクトなボディにキーボードを備えた、私にとって理想に近い PDA でした。ただ充電問題等でメインで使っていくには厳しい状況でした。

その後、サブノート PC の購入した辺りから、ビューワとしての PDA を求めるようになり、デバイスも Palm、PocketPC と変わってきました。

その中でキーボードを欲する部分も常にあり、ついに h4350 に辿り着きました。

最近やっと h4350 に慣れてきましたが、コイツは良いです。現時点で私の理想の PDA であるといえます。revo の後継機も、VGA PocketPC も今は必要ありません。

h4350 をどんどん使い込んでいきたいと思います。

iPAQ h4350 入手

突然ですが iPAQ h4350(英語版)を入手しました(^^;。

h4350

入手までに時間がかかりましたが、iPAQ h4150(日本語版)の発売直後、CLIE PEG-TH55 の発表直前という微妙な時期に入手の決断はしていました。入手のために h1920 はもちろん G19 や色々な物を処分しました。相変わらず救いがたい物欲です(^^;。

元旦に「無線 LAN 内蔵の PDA が欲しい」と書きましたが、私自身こんなに早く入手できると思ってませんでした。加えてキーボード付き PDA でもあります。これは Treo90 以来の念願でした。私にとって理想の PDA となり得る可能性を十分に秘めています。

PSION revo 以来、非日本語版デバイスは久しぶりです。まずは日本語化から取り組みたいと思います。

Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク