masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > RDC-7

‘RDC-7’ のタグが付いた投稿

RICOH GX200 購入

RICOH GX200 購入

衝動買い、に近い形で、RICOH GX200 を入手しました。

リコーのカメラは GR1 以来、リコーのデジタルカメラは RDC-7 以来になります。

リコーのデジカメは早くから広角のモデルを出していたので、今までに何回も購入候補に挙がりました。今でこそ「広角と言えばパナソニック」みたいなイメージがありますが、私にとっては「広角デジカメと言えばリコー」です。しかし、あと一歩で購入には至らない。この時は LUMIX DMC-LX1 に負けました。今回も GR BLOG2月のトラックバック企画が「猫」じゃなかったら、LUMIX DMC-LX3 に負けていたかもしれません。

実は一旦購入をキャンセルしてます(爆)。前回ポチッた後、日曜になって更に価格が下がったのです。アマゾンでも 35,000円台、価格.comの最安は軒並み 34,000円台になってました。たった一晩で何、この差は?

「欲しいときが買い時」「デジタル家電の価格下落は宿命」とは言いながら、中一日で 2,000円以上下がってはちょっとやってられないので、最初に頼んだショップにはキャンセル依頼を出しました。この店が土日発送をやってたら諦めもついてたんですけどね。

翌朝キャンセル受理のメールが届いた後、価格を調べに行ったら……上がってる! アマゾンはその時点で40,000円超、価格.comも 34,000円台で売っていたショップが全て消えてます。「ウゲっ、キャンセルは早まったか」と思ったら、ベストゲートに 34,000円台で売っているショップが一つだけ残っていたので、そこで購入しました。

結局今の最安価格は 37,000円前後で落ち着いています。私が最初にポチッたときと同じくらいです。あの価格下落はなんだったんでしょう? アマゾンは週末に価格が下がることが時々ありますが、他のショップも一気に下げて一気に上がった(在庫が無くなった?)ので、次期モデルの発表が近いのでしょうか?

私の持論に「デジカメは三代目に名機が生まれる」というのがありますが、奇しくも LX1 は三代目の LX3 で大きな変化を遂げました。GX200 も GX300 になって更なる名機になる可能性がありますが、GX100 での不満点を解消した GX200 は現時点でも十分完成度が高いですし、何より、GX300 が出たって値段の折り合いがつかないでしょうね(^^;。ということで、GX200 を買ったこと自体は後悔しないと思います。

RICOH GX200

今日届いた GX200 ですが、まだ大したことはしてません(^^;。充電して、液晶保護シート貼って、ベランダから空を撮ったくらい。一応猫を撮りに出かけようとしたのですが、家を出たとたん雨が降ってきたのですぐ引き返しました(泣)。猫写は明日以降のお楽しみ、ということで。

RICOH GX200

筐体は DSC-W170 と比べると大分幅広ですけど、ホールド間は悪くないですね。自動開閉レンズカバーは今回は注文してません。最初の店では在庫ありだったので一緒に頼んでいたのですが、後の店では在庫切れだったので、別で注文しました。週末くらいは届くでしょう。一眼レフでもレンズを着脱してるので、自動開閉でなくても、と思いましたが LX1 の頃はよく「レンズカバーを外してください」と怒られてました(^^;。GX200 でも既に一回怒られてます。

RICOH GX200 vs Cyber-shot DSC-W170

設定項目は色々あるけどまだ良く分かってません(爆)。とりあえず、ステップズームと電子水準器をオンにしたくらいかな。電子水準器を使うと自分が普通にまっすぐだと思って構えてるのが実はまっすぐじゃなかったというのがよく分かります(^^;。

長年の念願が叶ってようやく手にしたリコーの広角ハイエンド。色々いじり甲斐のあるカメラだと思うので、ゆっくりと自分なりのセッティングを煮詰めていきたいと思います。

Factory

Trial Taking RICOH GX200

車下猫

車下猫

通勤途中に、あぜ道手前のガレージで撮影

最初は普通に座って他のですが、私の姿を見たらカメラを構える前から車の下に逃げ込んでしまいました(T_T)。

薄緑で写っているのは金網です。これはこれで面白い効果かな、と思って選びました(^^;。トリミング無し。リサイズ以外アンシャープマスク、レベル補正もかけていません。

以前はアンシャープマスクと自動レベル補正(自動が気に入らない場合はトーンカーブ調整)を大体かけていましたが、最近は減らすようにしています。なるべくリサイズのみにしてレンズ毎の味のようなものが出せればと思っています。
# というか、最初の頃の「今日の猫」に戻っただけですけどね(^^;。RDC-7で撮っていた頃はトリミングすらしてませんでした。
続きを読む

RAWモードに挑戦

先日、*ist DS 購入以来初めて RAW モードで撮影してみました。

一番最初に買ったデジカメ RDC-7 には TIFF モードでの撮影機能がありましたが、RAW を扱うのは今回が初めてです。

RAW を JPEG や TIFF に変換するのを「現像」と呼ぶ辺りに少し尻込みしてしまい、今まで手を出していませんでした。ちなみに今回の現像は以下のソフトで行いました。

ViX
PENTAX *istD/*istDS 用 RAW ファイル サムネイル表示 Susie プラグイン
SILKYPIX Developer Studio

ViX はずっと使っている画像ビューワです。詳細は忘れましたが(汗)最新版では私の使い方では不都合があったので一つ前の2.2を未だに使っています。このソフト、フリーの画像ビューワでは一、二を争う出来映えだと思います。ただ、そのままでは RAW データはサムネイル表示されないので、上記の Susie 用プラグインを入れてやりました。Susie 用プラグインが使えるのも ViX の特徴です。

*ist DS は RAW と JPEG の同時記録ができない点が「時代遅れ」と指摘されていますが、実は RAW データの中にJPEGも埋め込まれているそうです。だからプラグインを使うことにより、サムネイル表示できるようになるのだと思います。スクリプトを書けば JPEG だけ取り出せるそうですが、そこまでは求めません。

現像には定評のある SILKYPIX Developer Studio を使いました。ViX だとサムネイルを閲覧しながら 指定した画像を SILKYPIX で開くことができるので、使い勝手は *ist DS 同梱の PENTAX PHOTO Browser + PHOTO Laboratory と同等以上です。同梱のソフトに問題があるわけではないですが、やはり使い慣れた環境が良いので、上記の構成にしました。

では、実際に撮った画像です。RAW を SILKYPIX で TIFF 形式に現像したあと、Fireworks で JPEG にしました。ちなみに1月10日、と11日の「今日の猫」もRAWデータを現像したものです。

鷺?
一応、水面に映った姿も意識して撮りました

蛇口
蛇口から落ちる水を強調したかったのでシャッタースピードを目一杯上げました

で、実際に RAW データを扱ってみた感想ですが……
続きを読む

リコー GR1 入手

ここ最近「広角の撮れるデジカメが欲しい」と書いてましたが、ついに手に入れました。
ただし、入手したのは「広角の撮れるカメラ」でデジタルではなくフィルムカメラです。
巷で名機の誉れ高いリコーの GR1(初代)を中古で買いました。

RICOH GR1

今回の臨時収入に伴う物欲は迷走の果て、Caplio GX に落ち着くかと思われましたが、
大逆転で GR1 購入となりました。

GR1 を選んだのは、既に絶版だから、世間での評価が高いから、といったミーハー的な
理由が強いです。あとは、カメラにしっかりとした性能があるのなら、あとは単純に自分
の腕とセンスが画となって現れるだろう、と思いました。

タバコと比較

届いたときの第一印象はそのコンパクトさでした。そりゃ、コンパクトカメラなのですから
小さいのは分かっていましたが、Web で見る写真から受ける印象よりも実物は更に
小さく感じました。
マグネシウムダイカストのボディの手触りも良い感じ。どこかのサイトで GR1 を評して
「自動小銃のような趣がある」と書いてあったのを見たことがありましたが、当にそんな
感じです。「物」としての GR1 は非常に気に入りました。
続きを読む

週末フォトグラファーへ転身?

「今日の猫」で「高倍率ズームのデジカメが欲しい」と書いてますが、実際のところはデジタルズームでもきれいに撮れるデジカメが欲しいのです。デジタルズームはトリミングなので基本的に画質が劣化するのは理解しているのですが、どうも最初のデジカメ、リコーの RDC-7 のイメージが強く残っているのです。あの当時はほとんどデジタルズームを使ってフレーム一杯に猫の写真を撮っていました。でもそんなに画像が悪かったとは思えないのです。この辺は好みの問題なのかもしれません。私はリコーのデジカメの画質が好きなのかも、ということで単純な私はまずリコーのデジカメを物色しました。するといきなり面白そうな機種を発見しました。それは Caplio RX です。

Caplio RX

この機種の面白いところはコンパクト機でありながら 28-85mm 相当の広角ズームレンズを搭載している点です。光学ズームも 3.6 倍で今の DSC-J1 の 2.8 倍に比べると大躍進です。私が重視するレスポンスも高速でなかなか良さげです。デジカメはどうしても広角が苦手です。猫を撮ってるときはあまり感じませんが、室内で距離をとれないとき、建物を撮るときなどもっと広角で撮れればなぁと思ったことが何回もあります。ただ、このカメラ、F値が 3.1~5.8 とちょっと暗いレンズなのです。そこが難点と言えば難点です。

最初、半分以上冗談だったデジカメ買い換えがこの機種との出会いで少し広がりました。というのは、なんだかんだ言いながら私は今の DSC-J1 が気に入っていて、他のカメラは眼中に無く、新機種がでても真剣にスペックとか見てなかったからです。

他の機種だと、NIKON COOLPIX 3700、Panasonic DMC-FX1 が候補に挙がります。
COOLPIX 3700 は小型軽量ながら画質に定評があります。マクロにも強く、動画も VGA で撮れて DSC-J1 とよく似たタイプです。カメラ本来の性能は COOLPIX 3700 の方が上でしょうから、DSC-J1 をリプレースするには最適だと思うのですが、それ故にインパクトは欠けます。
DMC-FX1 はコンパクト機で初めて手振れ補正を搭載したデジカメです。Panasonic のデジカメはライカレンズを採用していてなかなか魅力的ですが、マクロが 10㎝ なのは少々物足りないです。
現状で DSC-J1 からリプレースするならば、レンズの暗さに目をつぶって Caplio RX になるでしょうか。でも、そうなると動画の弱さが目につきます。DSC-J1 は”傑作”とは呼べないもののポイントを押さえた”佳作”デジカメだと改めて思いました。

コンパクト機のリプレースが頓挫しかけたところで、何をトチ狂ったか、本当の高倍率ズーム機にまで触手をのばしてしまいました。
続きを読む

Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク