masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > PSION

‘PSION’ のタグが付いた投稿

ノキアふたたび、シンビアンみたび

SoftBank の 705NK を買おうと思ったキッカケはなんだっただろうか。

元々発表されて以来気になっていたデバイスではあった。
702NK と比較すると 外部メモリが miniSD になったり、画面解像度が QVGA になったり、気になっていた部分が解消している。
逆に、最大の魅力であった「勝手アプリ」のインストールができなくなってしまっている。
ただ、これらの特徴は大部分が 804NK と同様である。となれば、705NK 最大の魅力は カールツァイスレンズ搭載している点ということになる。

街角スナップと称して、街中の何気ない写真を撮り始めた頃から、手軽に撮れるカメラが欲しいと思うようになっていた。
第一候補に挙がったのが初代 IXY Digital L。超コンパクト400万画素機ながらその単焦点レンズの性能評価は高かった。
首から下げてサッと撮るには最適のカメラだと思った。オークションで価格を調べるとそこそこのお値段でいらっしゃる。

買おうかどうか迷ってるうちに、705NK の存在が浮上した。
X01HT を使っていて気になる部分は二つ。重さと携帯コンテンツを閲覧できない点。
705NK ならばこの二点を解消し、更にカメラとしても使える。

ということで、705NK を購入する運びとなった。

続きを読む

ここのつめ

私が(広義での)携帯電話を持つようになってほぼ十年になります。

以下がその遍歴。X01HT で十二台目ですが、同番移行は二回しかしてません(汗)。よって番号は九つ目。
ほとんどがキャリアまで変わる新規契約でした。ある意味 MNP と最も縁遠いキャラですね(爆)。
解約までの間、複数契約していたケースはありますが、基本的に買い増しではなく買い替えです。二台持ちはしてません。

1.TOSHIBA DATA Carrots DL-S26P DDI Pocket
2.TOSHIBA POWER Carrots DL-S28P DDI Pocket
3.Nokia NM207          NTT DoCoMo
4.Panasonic KX-AP201      DDI Pocket
5.NEC J-N02           J-Phone
6.FUJITSU F503i         NTT DoCoMo
 SonyEricson SO211i      NTT DoCoMo
 SonyEricson SO212i      NTT DoCoMo
7.SHARP V501SH         Vodafone
8.SHARP W-ZERO3         Willcom
 SHARP W-ZERO3 [es]      Willcom
9.htc X01HT           SoftBank

最初は PHS でした。通話用というよりはデータ通信用に購入しました。
PHS の弱点として、エリアが狭い、高速移動に弱いというのがありましたが、私は普段車に乗りませんし、郊外に出かけたりもしないので、むしろ、通話品質が良い、データ通信速度が速い、料金が安い、比較的地下でも繋がり易いといったメリットばかりが目立ちました。

そんな中、Nokia の NM207 にしたのは赤外線モデムとして使えたから。PSION S5 で使ってました。

それに飽きると(爆)再び PHS へ。-H” というブランドが出始めた頃でした。メールが使えるようになったのもここからですね。

しかし、たった二週間程で J-Phone へ。あの頃なんだか猛烈に欲しかったんですね。

しばらく J-Phone を使ってましたが、会社都合で DoCoMo を持たされることに。料金も持ってくれたのでラッキーでしたけど。

で、転職を機に Vodafone へ復帰。今後はこの番号でずっといくつもりでしたが、W-ZERO3 の発表で PHS に復帰。Vodafone の解約には違約金を払いました。

それから一年、結局違約金まで払って出て行った SoftBank に戻ってきました。
私は元々 PHS は好きだったので Willcom に残るか SoftBank に行くかはかなり迷いました。最終的には物欲に負けてしまいましたけどね。

次の転機は、他の家族が MNP を行使するときでしょうか。残るにしても付いて行くにしても、今度こそ番号は変えないと思います。
念願の(?)080ですし、電話番号覚えるのが苦手な私が珍しくすっと覚えられた番号ですから。

ActiveSync したくない

PDA の目玉機能の一つに、パソコンのデータと同期をとることができるというのが挙げられると思います。

WM(PocketPC) 然り、Palm 然り、ザウルス然り。Newton も PSION もパソコンとの同期が可能でした。

パソコンと同期するデータといえば、予定表や連絡先といった PIM 関連がメインですが、WMではお気に入りやメディアファイルを同期もできたりします。

で、私はといえば、ほとんど同期させてないのが実際の所です(^^;。これは予定表の管理を真面目にしてないのが一番の要因となってます。

現状、W-ZERO3 [es] とパソコンの間でデータのやり取りが必要な場合は、miniSD 経由で行っています。音楽データやインストールしたいソフトのcabファイルなんかのやり取りが主ですね。
予定表や連絡先を同期させる必要がないならActiveSyncするより、miniSD 経由の方が転送速度も速いようです。USBケーブルを繋いでActiveSyncするのと、miniSD を SD カード型アダプタに挿してやり取りするのとではどちらが手間がかかるのかは微妙なところですが、私は miniSD でやり取りすることが圧倒的に多いです.
h4350 の頃は無線 LAN 経由でワイヤレスで ActiveSync できていて楽だったのですが、最近はセキュリティの問題とかなんとかでその機能はオミットされています([es] だとどうせできないですけど。

で、前述の通り、わざわざ ActiveSync しないのは、家のパソコンでスケジュールを入力しないからです(入力すべきスケジュールがほとんど無いというのはこの際置いておきましよう)。

私は基本的に自分の机で仕事をするので、外出先で PDA に予定を入力することは稀で、どちらかといえばデスクトップで予定を入力してそれを PDA に反映させるという運用を望んでいます。
となると、会社のパソコンでスケジュール入力をしたくなるのですが、前の職場ならいざ知らず、いまの職場では Outlook のインストールが許されていません。というか、そもそも USB 接続ができません。
USBメモリ等を介した情報漏洩を防ぐために、USBポートは工場出荷の時点で使えないように設定されています。

そんなこんなで、家でも会社でもパソコンにスケジュールは入力せず、PDA だとちょっと入力が面倒、となり、スケジュール管理は放置されたままでした(くどいようですが、スケジュールを管理しなくてもさほど困らないというのは置いておきます)。

そんなときに、WM デバイスと Google カレンダーを Schedule World というサイトを経由して同期させる方法がWEBで紹介されているのを見つけました。Google カレンダーなら家でも職場でも使えるので、入力に関する問題はクリアできそうです。

で、紹介サイトを見ながら実際に試してみたところ、上手く同期できました。これなら ActiveSync無しにスケジュールの同期が取れます。
しかししかし、よく見ると少々不具合が。終日予定が勝手に 0:00 ~ 23:59 の予定に変わってしまうのです。元々、Outlook 上では終日予定だったものが、同期後は何故か Outlook でだけ時間指定の予定に変わってしまうのです。Schedule World や Google カレンダーでは終日予定のままなのに。
これは実用上問題ないのかもしれませんが、個人的に気にくわなかったので(特にOutlookで設定した祝日予定が終日でなくなるのが見栄えが悪い)この方法の同期は見送りました。

そして、この文章を編集中に Schedule World を経由しなくても直接モバイルデバイスと Google カレンダー を同期できる Goosync というサイトが紹介されていたので、今はこちらを試しています。

こちらは、終日予定は無事でしたが、同期後にカテゴリが消えてしまう等の不具合がありますので、まだまだ様子見というところでしょうか。
Google カレンダーとの同期は完全に実現できればかなり便利だと思いますので、動向に注目したいと思います。
# Google カレンダー なら同期しなくても直接見るという手もありますけどね

これ以外に ActiveSync を使わないでスケジュールを同期させる方法として思いついたのが、vCalendar をメールで送信する方法です。

これは、私が使っている書籍の発売日通知ソフト「ブックスケジューラ」に vCalendarをメールに添付して通知する機能があるので試してみました。

そしたら基本的なところで問題が。[es]にプリインストールされている W-ZERO3 メールでは添付された vCalendar を上手く認識しないようです。
これは受信するメールソフトを PocketOutlook に変えてやれば解消しました。以前から標準メールを Outlook に替えようと思っていたので、この機に SendNow も導入して標準メールを Outlook に替えてしまいました。

閑話休題。vCalendar の取りこみ自体は上手くいったのですが、問題点がチラホラ。まずは面倒くさい(爆)。これはどうにもなりませんね。あと、私は基本的に本の発売日は「仕事」で管理したいのですが(ブックスケジューラは「仕事」でも通知可能)、vCalendarで通知すると「予定」になってしまいます。
これも終日予定と同じく、個人的に気にくわないだけで、実用上問題ないレベルなのですが、vCalendar での運用も白紙に。

ということで、結論は「週に一回くらいは ActiveSync しろ!」でした。
# こんだけ書いといて結局それかい

理想の PDA

どうやらPsion Revo後継らしい。Psionが開発した「Thor」(CeBit 2000での画像)というハンドヘルドで、QWERTY配列のキーボードを持つ。解像度640×240、Bluetooth・デジカメ内蔵、MP3再生可能。

revo の後継機ですか。revo はコンパクトなボディにキーボードを備えた、私にとって理想に近い PDA でした。ただ充電問題等でメインで使っていくには厳しい状況でした。

その後、サブノート PC の購入した辺りから、ビューワとしての PDA を求めるようになり、デバイスも Palm、PocketPC と変わってきました。

その中でキーボードを欲する部分も常にあり、ついに h4350 に辿り着きました。

最近やっと h4350 に慣れてきましたが、コイツは良いです。現時点で私の理想の PDA であるといえます。revo の後継機も、VGA PocketPC も今は必要ありません。

h4350 をどんどん使い込んでいきたいと思います。

iPAQ h4350 入手

突然ですが iPAQ h4350(英語版)を入手しました(^^;。

h4350

入手までに時間がかかりましたが、iPAQ h4150(日本語版)の発売直後、CLIE PEG-TH55 の発表直前という微妙な時期に入手の決断はしていました。入手のために h1920 はもちろん G19 や色々な物を処分しました。相変わらず救いがたい物欲です(^^;。

元旦に「無線 LAN 内蔵の PDA が欲しい」と書きましたが、私自身こんなに早く入手できると思ってませんでした。加えてキーボード付き PDA でもあります。これは Treo90 以来の念願でした。私にとって理想の PDA となり得る可能性を十分に秘めています。

PSION revo 以来、非日本語版デバイスは久しぶりです。まずは日本語化から取り組みたいと思います。

超小型パソコンの明日はどっちだ?

Windows搭載、スライド式キーボード付で400g弱

スライド式キーボードを搭載した超小型パソコン。PSION を彷彿させるギミックですね。ポインティングデバイスのついたキーボードがなかなか面白そう。

本文中にもありますが、この手の小型パソコンは値段の面で PDA に大きく見劣りしますね。小型であるが故どうしても機能は制限されるのですが、値段は普通のパソコンとさして変わらない。むしろ高い場合もある。なら PDA でいいじゃん、という論法でこられると厳しいですね。

個人的には注目のカテゴリですが、市場的にはサブノートやタブレットPC、 PDA に挟まれて如何にしてその存在価値を出せるかが、今後のポイントだと思います。

キーボードが面白い

1 / 212
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク